スーパーフォーミュラ

レッドブル・ジュニアからの新しい“刺客”ヴィップスが鈴鹿入り「明日の初走行が楽しみ!」

シェア
コメント
レッドブル・ジュニアからの新しい“刺客”ヴィップスが鈴鹿入り「明日の初走行が楽しみ!」
執筆:
2019/10/24 12:18

2019スーパーフォーミュラ最終戦でTEAM MUGENの15号車をドライブすることになったユーリ・ヴィップスが週末に向けての意気込みを語った。

 鈴鹿サーキットで行われる2019全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦開幕を前に、今回同シリーズにデビューを果たすユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)が早速サーキット入り。25日から始まる走行に向けて準備に追われていた。

 レッドブル・ジュニアチームの一員であるエストニア出身のヴィップスは、今季FIA F3にハイテック・レーシングから参戦。シーズン3勝を挙げランキング4位を獲得した。

 TEAM MUGENの15号車は、シーズン中盤からパトリシオ・オワードがドライブしていたが、この最終戦を前にレッドブル・ジュニアを離脱することになり、その後任として急きょヴィップスが日本に呼ばれることになった。

Read Also:

 ヴィップスは今週初めに来日すると、早速木曜日に鈴鹿サーキット入り。シート合わせやマシンからの脱出テストを受けた他、雨の中コースウォークに出かけるなど、翌日からの走行に向けて積極的にチームと打ち合わせをしていた。

 とにかく準備に余念がないという様子だったヴィップスだが、スーパーフォーミュラでの初走行を心待ちにしていると語った。

「明日の初走行が楽しみだよ。僕にとっては初めて乗るクルマだし、鈴鹿サーキットも初めて走ることになるけど、すごくエキサイティングな状況であることは間違いない。とにかく初めての走行に向けてチームとコミュニケーションを取りながら、様々な情報を得ているところだ」

「この鈴鹿でのレースの話は突然やってきて、正直十分な準備ができていない。全てにおいて新しい体験になるけど、明日このクルマに乗って、コースインする瞬間が楽しみだ」

 なお、今回参戦することになった経緯についてヴィップスは、ヘルムート・マルコ氏からの“突然の連絡”がきっかけだったという。

「僕たちのボスであるヘルムート(マルコ)から連絡がきてスーパーフォーミュラの最終戦に参戦するという話になった。僕としては次はマカオGPに出る予定でスケジュールが空いていて問題はなかったけど、本当に突然の出来事で、連絡を受けてすぐに準備して日本にやってきた……という感じだ」

 またヴィップスはスーパーフォーミュラという日本のトップカテゴリーを経験し、日本のスタッフと一緒に仕事をすることで、今後に役立つことを吸収していきたいと語った。

「正直、僕自身はレースをしたことがないから、どんなシリーズなのかは想像がつかない部分がある。まずは日本でレースをするというのが初めてで、楽しみな気持ちはある。このシリーズだけでなく、日本の文化に触れることも自分にとっては新しい経験となる。今回こうしてTEAM MUGENのスタッフと一緒に仕事をしていくことで、何か新しい収穫が得られるのではないかと思っている」

Read Also:

次の記事
SF最終戦鈴鹿|予選Q1の組分けリストが発表、今回はランキング順

前の記事

SF最終戦鈴鹿|予選Q1の組分けリストが発表、今回はランキング順

次の記事

SF最終戦鈴鹿:金曜専有走行|雨で十分な走行できず。国本がトップタイム

SF最終戦鈴鹿:金曜専有走行|雨で十分な走行できず。国本がトップタイム
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦:鈴鹿
ドライバー Jüri Vips
チーム team Mugen
執筆者 吉田知弘