スーパーフォーミュラ第2戦の持ち越しタイヤ一覧が公開

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ第2戦の持ち越しタイヤ一覧が公開
2018/05/12 3:04

2018スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス。JRPより各ドライバーが持ち込んでいるタイヤが発表された。

 スーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーション(JRP)は、第2戦オートポリスでの持ち越しタイヤを発表した。

 今季は全戦で2スペック制となり、各レースでは新品のソフト・ミディアムが2セットずつ供給されるのに加え、前大会で使用した中古タイヤをセット持ち越しできる。この持ち越しタイヤのコンパウンドに関しては制限がないため、各ドライバーによって持ち越しているタイヤが異なっている。

 土曜日朝の時点でのタイヤ割は以下の通り。多くのドライバーが中古のソフトとミディアムを1セットずつ持ち越しているが、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)のみミディアムを2セット持ち越している。またトム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)は、持ち越しタイヤのうち1セットに不具合が発覚したため、今週末は新品タイヤを含め5セットで戦うことになる。

P.MU / CERUMO・INGING
No.1 石浦宏明:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット
No.2 国本雄資:同上

KONDO RACING
No.3 ニック・キャシディ:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット
No.4 山下健太:同上

DOCOMO TEAM DANDELION RACING
No.5 野尻智紀:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット
No.6 松下信治:同上

UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
No.7 トム・ディルマン:ユーズドのソフト1セットのみ
No.8 大嶋和也:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット

TEAM MUGEN
No.15 阪口晴南:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット
No.16 山本尚貴:同上

REAL RACING
No.17 塚越広大:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット

carrozzeria Team KCMG
No.18 小林可夢偉:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット

ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
No.19 関口雄飛:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット
No.20 平川亮:ユーズドのミディアム2セット

VANTELIN TEAM TOM’S
No.36 中嶋一貴:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット
No.37 ジェームス・ロシター:同上

B-Max Racing team
No.50 千代勝正:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット

TCS NAKAJIMA RACING
No.64 ナレイン・カーティケヤン:ユーズドのミディアム・ソフト各1セット
No.65 伊沢拓也:同上

次の記事
山本尚貴、好調キープ「コンディションをみて、あまりクルマはいじらなかった」

前の記事

山本尚貴、好調キープ「コンディションをみて、あまりクルマはいじらなかった」

次の記事

土曜フリー走行:ロシターがトップタイム。松下は序盤にクラッシュ喫す

土曜フリー走行:ロシターがトップタイム。松下は序盤にクラッシュ喫す
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ