大クラッシュの伊沢拓也、幸い大事には至らず。決勝出走を目指す

シェア
コメント
大クラッシュの伊沢拓也、幸い大事には至らず。決勝出走を目指す
執筆: 吉田知弘
2018/05/26 9:45

第3戦SUGO。フリー走行で大クラッシュを喫した伊沢拓也だが、幸い大きな怪我はなく、チームは決勝出走を目指しマシンの修復に入っている。

 スポーツランドSUGOで行われているスーパーフォーミュラ第3戦。予選日の朝に行われたフリー走行で大クラッシュを喫した伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)。幸い本人に大きな怪我はなく、チームは明日の決勝レース出走に向けてマシンの修復作業に入っている。

クラッシュした伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)のマシン
 

 フリー走行の開始40分のところでクラッシュが発生。S字を立ち上がったところでバランスを崩した伊沢は、イン側のガードレールに真正面から激突。ガードレールの支柱が2本曲がるほどインパクトの大きなクラッシュで、マシンはフロントノーズをはじめ、左右のフロントタイヤが脱落するほどの損傷となった。

 伊沢は自力でマシンを降りたものの、足を痛めた仕草をしており、怪我の具合について心配されたが、チームによるとその後メディカルセンターで検査をした結果、特に大きな怪我はなかったとのこと。現在は足の痛みも和らいでおり、午後もエンジニアやチームスタッフと話をする姿がみられた。

 またマシンに関しては、モノコックにも損傷が及んでおり、予選は欠場。現在は新しいモノコックを含め、パーツ等を全て集めて修復作業を開始しており、明日朝のフリー走行セッションに参加するのを第一の目標に準備を進めている。

次の スーパーフォーミュラ ニュース
関口の不可解なQ1敗退にチームが抗議提出、大会競技長が注意喚起受ける

前の記事

関口の不可解なQ1敗退にチームが抗議提出、大会競技長が注意喚起受ける

次の記事

大混乱のSUGO予選、野尻智紀がコースレコード更新で今季初ポール

大混乱のSUGO予選、野尻智紀がコースレコード更新で今季初ポール

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第3戦SUGO
サブイベント 土曜日 予選
ロケーション スポーツランドSUGO
ドライバー 伊沢 拓也
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース