前半トップ快走の小林可夢偉「SCがなければ余裕で勝てていた」

シェア
コメント
前半トップ快走の小林可夢偉「SCがなければ余裕で勝てていた」
執筆: 吉田知弘
2018/05/27 13:18

2018スーパーフォーミュラ第3戦SUGO。決勝レース6位に終わった小林可夢偉は、レース後に悔しさをみせていた。

 スポーツランドSUGOで行われたスーパーフォーミュラ第3戦。レース前半はトップを快走していた小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)だが、展開に恵まれない部分もあり6位。セーフティカー導入がなければ余裕で勝てたと、悔しい表情をみせていた。

 フロントロウからスタートした小林は、レース序盤から積極的に野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の背後につき前を伺った。14周目に野尻を交わしトップに浮上すると、後続を一気に引き離す走りを披露。レースの主導権を握っていく。

 しかし、16周目に馬の背コーナーでアクシデントがあり翌周にセーフティカーが導入された。この時、小林はピットインするか否かチームに確認をとったという。

「馬の背で2台が止まっているのが見えてピットに聞きました。そうしたら『ステイアウト』と言われました」

 結果的に小林を始め数台がステイアウトを選択。レース再開後は、すでにピットを終えている山本尚貴(TEAM MUGEN)との位置関係を気にしながらのレースとなった。しかし、最終的にピットストップの想定ロスタイムである35秒のマージンを稼ぐことができず、タイヤ交換も手間取ってしまい、44周目にピットストップを終えてコースに復帰した時は8番手まで後退してしまった。

「(再開後も)頑張ったんですけどね。仮に35秒あってもピットストップであれだったので、厳しかったです」

「(44周目のピットについては)燃料がなかったので、あのタイミングになりました。実際には燃料はあったんですけどパーコレーションを起こしちゃうし、それで1回(昨年の富士)止まっているので、そのリスクは避けたいなと思っていました。タイヤについては燃料さえあれば、全然いけました」

「あと、ピットアウト後のタイヤのウォームアップも結構きつかったです。僕なりにはかなり頑張りましたが、あれがいっぱいいっぱいでした。そこでソフトタイヤだったらまだ行けましたが、僕は後半がミディアムだったから余計にきつかったです」

 昨年の第4戦もてぎでもトップを快走していながら、ピット作業で思わぬタイムロスを喫してしまい悔しい2位となった小林。今回も特に前半は同じような展開だっただけに、「タラレバを言い出したらキリはないですけど、セーフティカーが入っていなければ余裕で勝てました」と悔しさも倍増している様子。

 なかなかスーパーフォーミュラでは勝てそうで勝てないレースが続いていることについて訊くと、「それは、言わないでください。僕が一番わかっています………」とコメント。やりきれない表情を見せていた。

 予選から速さを見せていた小林だが、“SUGOの魔物”が登場したかのような荒れたレース展開に翻弄される結果となった。

次の記事
山本尚貴、展開に恵まれ今季2勝目「こういうレースもあるんだな……」

前の記事

山本尚貴、展開に恵まれ今季2勝目「こういうレースもあるんだな……」

次の記事

石浦宏明「予選でのスピンが反省点。次のレースでは今回の分も取り戻せるように」

石浦宏明「予選でのスピンが反省点。次のレースでは今回の分も取り戻せるように」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第3戦SUGO
サブイベント 日曜日 決勝レース
ロケーション スポーツランドSUGO
ドライバー 小林 可夢偉
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース