松下信治、不運のQ2敗退にも屈せず「明日は上位に上がってみせる」

シェア
コメント
松下信治、不運のQ2敗退にも屈せず「明日は上位に上がってみせる」
執筆: 吉田知弘
2018/04/21 11:38

2018スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿、不運な形で予選Q2敗退を喫した松下信治だが、決勝では必ず挽回すると意気込みを語った。

 鈴鹿サーキットで行われている2018スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿。公式予選のQ1から驚異的な速さをみせた松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)だったが、Q2でアタック中に赤旗が出る不運に見舞われ、結果は12番手。Q3進出を逃した。

 3年間のヨーロッパ武者修行を終え、今年はスーパーフォーミュラに挑戦する松下。予選ではQ1からライバルを圧倒する速さを披露し、まずはミディアムタイヤ限定のQ1で1分37秒255を記録しトップ通過を果たす。

 ソフトタイヤでのアタックとなったQ2でも全体ベストの区間タイムを記録していたが、ちょうどコース終盤に差し掛かったタイミングで、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がデグナーカーブでコースオフ。赤旗中断となってしまう。

 残り3分までセッション時間が戻され、再びアタックを試みた松下だったが、思うようにタイムを伸ばせず、12番手タイムでQ2ノックアウトとなってしまった。

 Q2でのアタックの時の状況を、松下はこのように振り返った。

「すでにセクター4に入っていて、無線で聞いて『マジか』と思いました。普通にQ3に行けるタイムは出ていたし、(順当にいけば)トップ争いはできたと思うんですけど……悔しいけど、しょうがないです」

 各車が新品ソフトタイヤを使用したQ2では、上位に食い込んだドライバーたちは計測1周目でアタックしたのに対し、松下は計測2周目でアタックを実施。これが結果的に、赤旗の影響を受けてしまうことになった。

「温め方(の違い)で、僕はゆっくり温めた方がタイヤのパフォーマンスが発揮できると思ってやったんですけど、(結果的に)赤旗が出ちゃいました。ちょっとした事なんですけど、それが起きる時もあれば、起きない時もあるので、これからそこはちょっと勉強していこうかなと思います」

「思った以上にデグラデーションが大きくて、(再開後のアタックは)話にならなかったです。でも、本当にしょうがないです」

 どこか悔しそうな表情を見せながらも、すでに明日の決勝を見据えて吹っ切れている様子だった松下。戦略等も駆使し、12番手からの上位進出を目指すと力強く語った。

「今日は速かったですし、前から自信はありました。チームもうまくやってくれていましたし、チームメイトも予選3番手なので、出来はすごく良いと思います」

「(今日の結果は)勿体ないなとは思いますけど、明日頑張るしかないです。12番手スタートですけど、ここから(上位に)上がってみせます」

次の スーパーフォーミュラ ニュース
スーパーフォーミュラ初戦で僅差の予選2番手。福住仁嶺「正直悔しい」

前の記事

スーパーフォーミュラ初戦で僅差の予選2番手。福住仁嶺「正直悔しい」

次の記事

予選3番手の野尻智紀「フリー走行からQ3進出の手応えを感じていた」

予選3番手の野尻智紀「フリー走行からQ3進出の手応えを感じていた」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第1戦鈴鹿
ロケーション 鈴鹿サーキット
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース