4位フィニッシュ石浦宏明「まだ詰め切れていない。今回を次に活かす」

シェア
コメント
4位フィニッシュ石浦宏明「まだ詰め切れていない。今回を次に活かす」
執筆:
2018/04/23 3:38

第1戦鈴鹿の決勝、4位でフィニッシュした石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)は、今回のレースを次に活かしたいと語った。

 2018シーズンのスーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿。決勝を6番グリッドからスタートした石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)は、ミディアムタイヤスタートで戦う戦略を遂行し4位を獲得。それでも、まだ詰めきれていない部分もあり、そこを次のレースに活かしたいと語った。

 今季から全戦で2スペックのスリックタイヤが使用されているスーパーフォーミュラ。スタートタイヤの選択も石浦までの上位6台はミディアム、グリッド中団以降はソフトタイヤが多くなるなど、判断が分かれる結果となった。

「後ろがソフトタイヤのグループだったので、それに飲まれるだろうなとは思っていました」

 石浦は、そうレースを振り返った。一時は10番手までポジションを落とすも、序盤はタイヤを温存。その後ペースを上げてポジションを上げていった。

「想定していた通り、(後続のマシンが)すごい勢いできたのでそこは無理をせずに先に行かせて、前がクリアになった時に飛ばせるようにタイヤを温存していました」

「予定通りクリアになったところで飛ばして、先にピットに入った組よりもタイミング的に前に出られるようになった瞬間にピットに戻ったという感じです」

 1ストップでレースを戦いきるという当初の戦略は遂行し、4位となった石浦。しかし、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がソフトタイヤでスタートし24周目まで引っ張る作戦を敢行。最終的に14番手から2位を獲得していることを考えると、満足とはいかない様子だった。

 ただ、関口と同じようにソフトタイヤでスタートしていたとしても、同じペースで走れたかは確信が持てないという。

「自分たちが選んだ戦略の中ではうまくできました。ですが、結果だけ見ると関口選手のソフトタイヤで引っ張るという戦略がもっと前に行っているので、それが正解だったのかなと思います」

「ただ、同じようにもう一度(レースを)やり直したとしても、マシンが(燃料満タンで)重たい状態でソフトタイヤを履いて、自分たちがあれくらい速く走れるかどうかは分かりません」

 予選ではホンダエンジン勢が上位5台を独占していたが、決勝ではそこまでの差を感じなかったという石浦。今回のレースを踏まえ、次戦以降のさらなる活躍を誓った。

「あのソフトタイヤでレースをするのは今回が初めてで、まだ詰めきれてないところがあったので、これを参考にして次に活かしたいなと思います。予選は(ホンダエンジン勢と)ちょっと差がありましたけど、決勝はそこまででもなかったので、次は予選でももうちょっと前に行けるようにうまくやりたいなと思います」

次の記事
第6戦岡山のレースフォーマット決定。1レース制で予選Q3はOTS使用可に

前の記事

第6戦岡山のレースフォーマット決定。1レース制で予選Q3はOTS使用可に

次の記事

立川監督「国本はチームのミスで獲れるはずのポイントを逃してしまった」:SF開幕戦鈴鹿P.MU/CERUMO・INGING決勝レポート

立川監督「国本はチームのミスで獲れるはずのポイントを逃してしまった」:SF開幕戦鈴鹿P.MU/CERUMO・INGING決勝レポート
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第1戦鈴鹿
ロケーション 鈴鹿サーキット
執筆者 松本 和己
まずは最新ニュースを読む