開幕戦決勝速報:山本尚貴、逃げ切りでポール・トゥ・ウィン!

シェア
コメント
開幕戦決勝速報:山本尚貴、逃げ切りでポール・トゥ・ウィン!
2018/04/22 8:02

スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿の決勝は、山本尚貴(TEAM MUGEN)がポール・トゥ・ウィンを達成した。

 2018シーズンのスーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿の決勝レースが行われ、山本尚貴(TEAM MUGEN)がポール・トゥ・ウィンを達成した。

スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿:決勝結果

1. 山本尚貴(TEAM MUGEN)1:29’25.365
2. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)+1.720s
3. 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)+13.717s
4. 石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)+15.881s
5. 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)+30.907s
6. 塚越広大(REAL RACING)+31.285s
7. ニック・キャシディ(KONDO RACING)+32.575s
8. 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)+41.467s
9. 山下健太(KONDO RACING)+45.427s
10. 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)+47.622s
11. ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)+49.360s
12. 松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)+50.170s
13. 国本雄資(P.MU / CERUMO・INGING)+1’10.480
14. 千代勝正(B-Max Racing team)+1’13.187
15. 大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)+1’29.337
16. ピエトロ・フィッティパルディ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)+1lap
17. ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)+3laps

以上 規定周回数(45周)完走
 福住仁嶺(TEAM MUGEN)+19laps
 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)+27laps

No.20 平川亮 次参加大会での3グリッド降格(危険なドライブ行為)

次の スーパーフォーミュラ ニュース
場内解説を担当する鈴木亜久里「福住は速く走るセンスを持っている」

前の記事

場内解説を担当する鈴木亜久里「福住は速く走るセンスを持っている」

次の記事

関口雄飛、レース戦略バッチリ遂行で2位獲得「タイヤは直前に決めた」

関口雄飛、レース戦略バッチリ遂行で2位獲得「タイヤは直前に決めた」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第1戦鈴鹿
ロケーション 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース