ピエトロ・フィッティパルディ、TEAM LEMANS加入が決定

UOMO SUNOCO TEAM LEMANSの7号車に乗るドライバーがピエトロ・フィッティパルディに決まり、今季レギュラー参戦を果たすことが発表された。

 スーパーフォーミュラに参戦するUOMO SUNOCO TEAM LEMANSの7号車に乗るドライバーが遂に発表。先日の鈴鹿公式テストにも参加したピエトロ・フィッティパルディが、今季レギュラー参戦を果たすことが明らかとなった。

 フィッティパルディは、1972年と1974年のF1ワールドチャンピオンであるエマーソン・フィッティパルディの孫。昨年はフォーミュラV8 3.5でチャンピオンに輝き、その後WECやインディカー、フォーミュラEなどのテストに積極的に参加してきた。

 そのフィッティパルディは、今月はじめに鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラの公式テストにも参加。唯一ドライバーが決まっていなかったUOMO SUNOCO TEAM LEMANSの7号車をドライブした。

 当初はテスト1日目に参加したオリバー・ローランドの起用が有力なのではないかという噂があったが、テスト2日目を担当したフィッティパルディは初めてのコースで、初めてのマシンなのにも関わらずチームメイトとなる大嶋和也を上回るタイムを記録。また当日は1日目よりも路面のコンディションが悪く、軒並みタイムが伸び悩んでいた中で、ローランドが記録したタイムを0.2秒更新した。このテスト内容が評価され、レギュラー起用に繋がったようだ。

 ただ、フィッティパルディは今季インディカー・シリーズにもデイルコイン・レーシングから7戦出場予定なのに加えて、WECにもドラゴン・スピードから2戦出場する模様。これにより、第2戦オートポリスと第3戦スポーツランドSUGOは欠場となる見込みだ。その代役ドライバーについては、まだ明らかになっていない。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
記事タイプ 速報ニュース