初日トップのパロウ「良い1日だったけど、まだパフォーマンスを引き出し切れていない」

シェア
コメント
初日トップのパロウ「良い1日だったけど、まだパフォーマンスを引き出し切れていない」
執筆:
2019/03/04 12:01

スーパーフォーミュラの鈴鹿公式テストで初日トップタイムをマークしたアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)だが、まだ現状には満足していない様子だった。

 鈴鹿サーキットで始まったスーパーフォーミュラの鈴鹿公式テスト。1日目でいきなり1分35秒台を叩き出したアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)だが、新車SF19の理解度を深めるため、さらにテストを重ねていきたいと語った。

 ルーキーテストの時から速さをみせていたパロウ。この日は午前中がウエットで、午後に向けてコンディションが回復していく難しい状況だったが、特にドライになったタイミングから速さを発揮。セッション2の後半は常にトップを維持し、最終的には新品のソフトタイヤで従来のコースレコードを上回る1分35秒904を記録した。

「良い1日を過ごすことができた。昨日の(モースポフェス内の)フリー走行ではトラブルが出て走ることができなかった。だけど、今日は朝のウエットコンディションからうまく走れた。全体的にコンペティティブだったし、少しロングランも試すことができた」

「午後はダンプコンディションから始まって途中にドライになったけど、100%のパフォーマンスを出し切れなかったように感じている。でも、色々なことを試す中で新しく学ぶこともあった。全体的にポジティブな内容で終えられた」

 そのようにテスト1日目を振り返ったパロウ。今回初めて乗るSF19に関しても「フロントタイヤの幅が広くなったことで、コーナーへの進入スピードも速くなっている。(SF14と比べて)全体的に進化はしているけど、そんなに大きく変わったという印象はない」と、ポジティブな印象を持っているようだった。

 しかし、新車ゆえにまだ100%のパフォーマンスを引き出せているとは思っていない様子のパロウ。明日以降もさらに走り込んで、データ収集に努めたいという。

「正直、まだ100%のパフォーマンスを出し切れていないと感じている。やはりクルマが新しくなったということもあり(SF19のセットアップに関する)データがほとんどない。明日も色々なパターンのテストをしてデータを収集したいと思っている」

「あと、もっとマイレージを稼ぎたい。今日の時点ではまだ十分とは言えない。どんどん走り込んでいく中で、色々なことを試していきたい」

 それでもパロウは、ルーキーとして迎える2019シーズン最初の公式テストをこうしてトップタイムでスタートすることができたことに対して、少なからず自信を感じているようだ。

「こうして良い結果でシーズン開幕に向けたスタートを切ることができたのは嬉しい。だけど、僕自身はスーパーフォーミュラでテストしかやっていなくて、レースの経験がない」

「例えば満タンの状況下で他のドライバーたちとバトルをしていないし、その中でどういう対応策をしていかなければいけないのかの情報量も少ない」

「でも、今日の結果もそうだし、ここまでのテストで常にトップ5付近のタイムを出せている。これはシーズンに向けては良い要素だと思っている」

次の記事
新人アレックス・パロウが初日最速、早くもコースレコードを上回るタイムをマーク

前の記事

新人アレックス・パロウが初日最速、早くもコースレコードを上回るタイムをマーク

次の記事

“また2番手……”山下健太、テスト初日で速さを見せるも「中途半端な結果だった」

“また2番手……”山下健太、テスト初日で速さを見せるも「中途半端な結果だった」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 鈴鹿公式合同テスト
ドライバー アレックス パロウ
執筆者 吉田知弘
Be first to get
breaking news