スーパーフォーミュラ

鈴鹿テスト2日目も好ペースだったアレックス・パロウ「鈴鹿ではコンペティティブに戦えそう」

シェア
コメント
鈴鹿テスト2日目も好ペースだったアレックス・パロウ「鈴鹿ではコンペティティブに戦えそう」
執筆:
2019/03/09 11:21

今季スーパーフォーミュラに初めてフル参戦するアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)は鈴鹿公式テストでの結果を受け、シリーズ開幕に向け自信をみせた。

 2019年の全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)。先日の鈴鹿公式テストでの好結果を受け、開幕戦の鈴鹿ラウンドでは力強く戦えるだろうと語った。

 テスト1日目に、いきなり従来のコースレコードを上回るタイムを記録したパロウ。2日目も常に上位につけるタイムを記録した。最後のセッション4でロングランテストを行なっている最中に突然左フロントホイールが外れるというハプニングに見舞われたものの、着々とテストメニューをこなした。

「ロングランをやっていて、ヘアピンを立ち上がったところで突然左フロントのホイールが外れた。具体的な原因についてはまだ分かっていない。だけど、何とかピットに戻ってくることができたし、マシンにもダメージはなかったから、(新しいタイヤを装着して)テストを続けることができた」

「(ロングランでの)ペースは良かったけど、ドライビングの部分ではもっと経験が必要だし、他のドライバーがどういうペースで走っていたかもチェックしなきゃいけない。でも、SF19での初のロングランにしては、感触は良かった」

「新品タイヤでのアタックもミディアムとソフトでそれぞれ試した。まだ100%とは言い切れないけど、感触としては悪くなかった。1日目はトップタイムで終えられたけど、2日目に向けてさらに進化することができたと思う。でも、クルマについてはもっと理解しなければいけないし、セットアップもさらに詰めていきたいと思っている」

 そう語ったパロウ。タイムだけを見ると好調に見えそうだが、本人の中ではまだまだマシンへの理解が足りないと感じているようだ。

 また、テスト2日目のセッション4では、前日にタイムアタック合戦で競り勝った山下健太(KONDO RACING)に0.1秒届かず2番手に終わった。あくまでテストということで、この結果に対して悔しさはあまりないようだったが、山下のパフォーマンスに関してはパロウも警戒を強めていた。

「山下選手は昨年も速さをみせていたし、今シーズンも間違いなくチャンピオン争いに絡んでくると思う。2日目の午後のセッションで、彼らは本当に素晴らしい仕事をしたと思うし、(テストでの流れを見ると)特にレースで強さを発揮してきそうだ。いずれにしても、彼とシーズン中にバトルができるのが楽しみだ」

 鈴鹿ではライバルも警戒するほどの速さをみせたパロウ。しかし、次回テストが行われる富士スピードウェイは、スーパーフォーミュラでの走行経験がなく、さらに経験を積み重ねていきたいと語った。

「スーパーフォーミュラで富士を走るのは初めてになる。ここまで鈴鹿ではすごくいいクルマに仕上がっているし、鈴鹿でのドライビングに関しても合わせ込めていると思っている。だから鈴鹿ではコンペティティブなレースができるだろう」

「ただ、富士は走ってみないと(勢力図が)分からない。その辺はテストでしっかりチェックしなきゃいけない。正直、このクルマに関して100%扱いこなせるという自信はまだない。テストの間に少しでもデータを集めて、たくさんのことを経験していきたい」

次の記事
山本尚貴、SF連覇に向け着々と準備「今回はSF19の理解度を深めることに重きを置いた」

前の記事

山本尚貴、SF連覇に向け着々と準備「今回はSF19の理解度を深めることに重きを置いた」

次の記事

TEAM MUGENの監督に就任。中野信治の多忙な1年が始まる

TEAM MUGENの監督に就任。中野信治の多忙な1年が始まる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 鈴鹿公式合同テスト
ドライバー アレックス パロウ
執筆者 Tomohiro Yoshita