第2戦オートポリス|予選は日曜日朝に順延、40分の計時方式に変更

シェア
コメント
第2戦オートポリス|予選は日曜日朝に順延、40分の計時方式に変更
2019/05/18 9:35

スーパーフォーミュラ第2戦の公式予選は、日曜日の朝は本来のノックアウト形式ではなく、40分間の計時方式に変更されて行われることになった。

 オートポリスで行われている2019全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦。その初日である5月18日(土)は雨風共に強く、15時から予定されていた公式予選はキャンセルとなり、翌日の19日(日)に朝に順延されることとなった。

 当初のスケジュールでは、19日(日)の朝に8時50分から9時20分まで30分間のフリー走行が予定されていたが、その時間帯を使い8時45分から9時25分の40分間に公式予選が行われることが発表された。

 スーパーフォーミュラにおける予選は本来、Q1〜Q3の3ラウンド・ノックアウト方式が採用されていたが、今回は40分の計時方式が採用され、この1セッションでポールポジションを含め、全グリッドが決定することになった。

 なお、通常はQ1でミディアムタイヤのみ装着するというという制限があるが、今回の40分間の公式予選では、そのルールは適用されないことも発表された。

スーパーフォーミュラ第2戦:5月19日(日)タイムスケジュール

TCRJサンデーシリーズ公式予選:8時10分〜8時30分

スーパーフォーミュラ公式予選:8時45分〜9時25分(計時方式)

F3第4戦決勝:10時05分〜

ピットウォーク:10時55分〜11時45分

TCRJサンデーシリーズ決勝:12時25分〜

スーパーフォーミュラ決勝:14時00分〜

F3第5戦決勝:16時15分〜

次の記事
第2戦オートポリス|公式予選は荒天のためセッションキャンセルに、日曜日朝に順延

前の記事

第2戦オートポリス|公式予選は荒天のためセッションキャンセルに、日曜日朝に順延

次の記事

坪井翔、開幕戦では苦戦するもAPで復調の兆し? 「SF19の扱い方が見えてきた」

坪井翔、開幕戦では苦戦するもAPで復調の兆し? 「SF19の扱い方が見えてきた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第2戦:オートポリス
サブイベント Qualifying