スーパーフォーミュラ

来季フォーミュラE参戦が決定済みのニック・キャシディ、SFは「今季が最後となるだろう」

シェア
コメント
来季フォーミュラE参戦が決定済みのニック・キャシディ、SFは「今季が最後となるだろう」
執筆:

スーパーフォーミュラに参戦するニック・キャシディは、2021年からフォーミュラEに参戦することが決定しているが、今季が自身のラストシーズンになる可能性が高いことと認めた。

 8月29日にようやく開幕を迎える2020年の全日本スーパーフォーミュラ選手権。2019年の王者に輝いたニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が、今季限りでスーパーフォーミュラを離れる可能性が高いことを認めた。

 キャシディは今年7月、フォーミュラEのヴァージンと複数年契約を締結したことを発表。2020−2021シーズンからは世界に打って出ることが明らかとなっていた。

Read Also:

 キャシディはフォーミュラEと並行して、現在参戦しているスーパーフォーミュラ及びスーパーGTに、一部またはフル参戦することを望んでいる。しかし実際にはそれは不可能。キャシディ自身も、来季はスーパーフォーミュラに参戦することは無いだろうと認めた。

「今年が僕のスーパーフォーミュラでの最後の年になるだろうね。それは認めることができる」

 キャシディはmotorsport.comの取材にそう答えた。

「素晴らしい思い出がたくさんあるし、このクルマを走らせるのはとても楽しいんだ」

「ここ数年、常にプレッシャーを感じてきたけど、今年は全く感じていない。僕はただクルマを楽しみたいと考えている。心持ちがちょっと違っているんだけど、ポジティブなことだよ」

 8月29日からは、新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていたスーパーフォーミュラがいよいよツインリンクもてぎを舞台にスタートする。

 ただ変則的な状況となった今季はいくつかのルール変更が行なわれている。そしてキャシディはレース距離の短縮、タイヤがソフト1種となることや、ピットストップ無し、予選ポイントシステムの変更といったルール変更の方向性について「楽しいものではない」と認めた。

「(変更された)ポイントシステムやレースフォーマットは、僕らに必ずしも合うとは思わない」

 キャシディはそう語る。

 なお今季は予選トップ3にポイントが与えられるが、キャシディは昨年一度も予選3位以内に入ったことがない。

「僕の目標はここ数年と同じで、トヨタ勢のトップドライバーとなることだ」

「トヨタには素晴らしいドライバーがたくさんいる。僕が比較できるのは彼らだけだ。だからそれが達成できれば、大成功だと思う」

 

 

Read Also:

SFのパドックもコロナ対策“厳戒態勢”、WEC参戦組用にキャンピングカーも登場

前の記事

SFのパドックもコロナ対策“厳戒態勢”、WEC参戦組用にキャンピングカーも登場

次の記事

スーパーフォーミュラ第1戦もてぎ専有走行|タイム結果

スーパーフォーミュラ第1戦もてぎ専有走行|タイム結果
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー ニック キャシディ
チーム TOM'S
執筆者 Jamie Klein