ジャック・ドゥーハン、今季スーパーフォーミュラ参戦の議論もあったと明かす「でもアルピーヌは僕にF1テストをして欲しかった」

今季はアルピーヌのリザーブドライバーを務めるジャック・ドゥーハン。スーパーフォーミュラに参戦することも議論されたようだが、アルピーヌとしてはF1マシンでテストプログラムを進めてほしいという意向があったという。

Jack Doohan, Reserve Driver, Alpine F1 Team, does a seat fit

 昨年までFIA F2に参戦し、今季はアルピーヌのリザーブドライバーを務めるジャック・ドゥーハン。4月に行なわれたF1日本GPでも来日し、事前のPRイベントにも多数参加して日本のファンと交流した。

 ドゥーハンの父は2輪レース界のレジェンドで、ホンダのバイクを駆り世界選手権で5連覇を成し遂げたミック・ドゥーハン。そんな父の背中を見て、幼少期はダートバイクなどに乗っていたというが、5歳の時に足を骨折する怪我をしてしまった。そこからはF1界のレジェンド、ミハエル・シューマッハーの助けもあって、カートの世界に入っていったという。

 ドゥーハンはカートを卒業して2018年に4輪レースにステップアップ。2019年にはアジアンF3で笹原右京とチャンピオンを争い、ランキング2位となった。同選手権では日本の鈴鹿でもレースが開催されたが、実はその時、意外なドライバーとの交友関係が生まれていた。それが日産のスーパーGTドライバー、ロニー・クインタレッリだ。

「ロニーと出会ったのは5年前。僕がアジアンF3を戦っている時に日本で出会ったんだ。彼はそこでテストをしていて、僕を連れてガレージを案内してくれた」と話すドゥーハン。今回の来日時にもクインタレッリの案内の下でNISMOのガレージやファクトリーを見学するなど交流が続いており、レースについて深い話をすることもあるようだ。

 アジアンF3の好成績を引っ提げ、2020年からFIA F3にステップアップしたドゥーハンは、2年目にランキング2位を獲得して2022年からFIA F2にフル参戦開始。当初はレッドブル育成ドライバーとして活動していたが、この年からレッドブルを離れ、アルピーヌアカデミーの一員となった。

 そしてドゥーハンはF2参戦1年目からランキング6位に入ると、2年目の2023年は後半戦のフィーチャーレースで3勝を挙げるなど存在感を増し、ランキング3位となった。F1参戦に必要なスーパーライセンスの発給要件も満たし、F1まであと一歩というところまで来ている。

 そんなドゥーハンは今季、アルピーヌF1リザーブドライバー以外のレース活動をしていない。ただ、当初は日本のスーパーフォーミュラに参戦することについても議論があったようだ。

「ああ、確かにそういった議論もあった」とmotorsport.comに認めたドゥーハン。しかしながら、アルピーヌとしてはリザーブドライバー業に専念してほしいという結論に至ったようだ。

「アルピーヌは僕にF1に残って欲しいということだったし、F1マシンでたくさんテストをして欲しいとのことだった」

「今年は10日間で5000kmもF1マシンで走っている。これはスーパーフォーミュラに参戦していたら出来なかっただろうね」

 とはいえ、“GT-Rオタク”を公言するなど日本ともゆかりのあるドゥーハンは「スーパーフォーミュラは素晴らしいカテゴリーだから出たかったんだけどね。日本が大好きだし、世界でも特にお気に入りの場所だからだ。だから来年こそF1で鈴鹿を走って、その埋め合わせができると良いなと思っている」と語った。

 今季のスーパーフォーミュラには昨年のF2チャンピオン、テオ・プルシェールとランキング4位の岩佐歩夢が参戦しているが、ドゥーハンをはじめ多くのF2ドライバーがスーパーフォーミュラに関心を寄せていたことが明らかとなっている。

 

前の記事 Jujuに新たなスポンサー。建設会社の安藤ハザマと契約締結……スーパーフォーミュラ第2戦でロゴ掲示へ
次の記事 TEAM IMPUL、プルシェール離脱によりスーパーフォーミュラ第2戦はベン・バーニコートを起用。第3戦以降のドライバーは未定

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本