スーパーフォーミュラ

F1を目指すレッドブル育成の若手とSFベテランの猛者が激突! SF夏のもてぎ決戦を見逃すな

シェア
コメント
F1を目指すレッドブル育成の若手とSFベテランの猛者が激突! SF夏のもてぎ決戦を見逃すな
2019/08/07 8:32

8月17〜18日に開催されるスーパーフォーミュラ第5戦。今季から参戦をスタートさせ、スーパーフォーミュラに慣れつつあるF1を目指す若手ドライバーたちと、SFに長年参戦してきた猛者たちの真夏の激戦が繰り広げられそうだ。

 今季からレッドブルF1と組み、パワーユニット供給を開始したホンダ。そのパートナーシップは、初年度にも関わらず効率的に機能し、オーストリア、ドイツと勝利を収め、メルセデス以外で唯一勝利を手にしたチームとなっている。

 この立役者がマックス・フェルスタッペンであることは言うまでもない。フェルスタッペンは、2015年に17歳と165日という若さでF1デビュー。2016年のスペインGPからはレッドブルに昇格し、いきなり初優勝を遂げる離れ業を見せた。これは史上最年少優勝記録を大幅に更新するモノであり、今もその記録は破られていない。

 その後も目覚ましい活躍を見せ、今季の2勝も含めて通算7勝を挙げている。今では、メルセデスのルイス・ハミルトンやフェラーリのセバスチャン・ベッテルとならび、現役最強のドライバーのひとりであるとの評価もある。

 今季そのフェルスタッペンのチームメイトを務めるのが、ピエール・ガスリーである。ガスリーはレッドブル加入直後は苦戦したものの徐々にチームやマシンに慣れつつあるのか、イギリスGPではフェラーリなどを相手に好バトルを繰り広げた。

 そのガスリーは、何を隠そうスーパーフォーミュラ出身。GP2でタイトルを獲得した後の1年(2017年)をスーパーフォーミュラで戦い、0.5ポイント差のランキング2位。第4戦ツインリンクもてぎでも勝利を収めている。そして同年にはトロロッソからF1デビューも果たした。

 ガスリーの前年には、昨年までマクラーレンの一員としてF1を戦っていたストフェル・バンドーンもスーパーフォーミュラに参戦し、2勝を挙げてランキング4位になり、F1へと旅立っていった。

 そう、近年のスーパーフォーミュラは、F1を目指すドライバーにとっては無視できないポジションに位置しているのだ。

 今年のスーパーフォーミュラにも、F1を目指す若いドライバーたちが参戦中。その筆頭が、TEAM MUGENのパトリシオ・オワードだろう。オワードは昨年のインディ・ライツのチャンピオンであり、今年の5月からレッドブル・ジュニアドライバーとして契約を結んだ。そして前戦富士スピードウェイ戦からスーパーフォーミュラへの参戦をスタートさせた。

 その初戦はテストもなく臨んだため厳しい戦いとなったが、もてぎ戦には日本にも、チームにも慣れた状態で挑むことができるはず。チームを率いる中野信治監督も、その学習スピードの速さを賞賛している。

 レッドブルの育成枠の中では、オワードは今、最もF1に近い男であると言える。その日本での勇姿を、目に焼き付けておきたいところだ。

 また第3戦SUGOで3位表彰台を獲得したルーカス・アウアー(B-MAX Racing with Motopark)も、レッドブル・ジュニアの一員。SUGOでは3位表彰台を手にするなど早くも日本のレースに適応した感があり、もてぎでも活躍が注目される。しかも叔父はアイルトン・セナのチームメイトとして活躍したゲルハルト・ベルガーであり、長くF1を見てきたファンには、親近感が湧きやすいだろう。

 さらに、レッドブルのF1マシンを手がける名デザイナー、エイドリアン・ニューウェイの息子であるハリソン・ニューウェイもアウアーのチームメイトとして参戦中。徐々にその速さを発揮し始めている。

 ただ、彼らとてそう簡単には活躍できない。日本のレースで長く活躍してきた猛者たちがそこに立ちはだかるのだ。

 その筆頭が、現在ランキング首位の山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)だ。山本はもてぎからほど近い栃木県宇都宮市出身。しかも昨年スーパーフォーミュラとスーパーGTの国内2冠を達成したことで、F1の参戦に必要なスーパーライセンスの取得に向け、必須となるスーパーライセンスポイントを手にした。彼はそういう意味でも、オワードやアウアーらにとって最高の目標になるはずだ。

 この他、WEC(世界耐久選手権)で活躍中であり、かつてはF1でも戦った中嶋一貴や小林可夢偉、チャンピオン経験者の石浦宏明や国本雄資など……枚挙に遑がない。

 F1を目指す若いドライバーたちvsスーパーフォーミュラ歴戦の強者……今回のツインリンクもてぎ戦でも、そんな戦いが繰り広げられそうだ。

 スーパーフォーミュラ第5戦は、8月17日(土)と18日(日)に、ツインリンクもてぎで行われる。季節は夏真っ盛り……52周の激アツバトルを見逃すな!

→スーパーフォーミュラ第5戦ツインリングもてぎ 特設ページ

次の記事
「ずっとSFの事を考えていた」パロウ、SF初優勝の裏にあった“不屈の想い”

前の記事

「ずっとSFの事を考えていた」パロウ、SF初優勝の裏にあった“不屈の想い”

次の記事

挽回の兆しとなるか? 金曜トップの平川亮「調子が良いことは確か」

挽回の兆しとなるか? 金曜トップの平川亮「調子が良いことは確か」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , スーパーフォーミュラ
イベント 第5戦:もてぎ