ティクトゥム、来季はSFフル参戦?「F1に向け最後の準備ができる場所」

シェア
コメント
ティクトゥム、来季はSFフル参戦?「F1に向け最後の準備ができる場所」
執筆: Marcus Simmons
2018/08/29 3:36

レッドブル育成ドライバーのダニエル・ティクトゥムは、来季スーパーフォーミュラにフル参戦し、F1デビューにつなげることを目指しているようだ。

 レッドブルの育成ドライバーであるダニエル・ティクトゥムには、2019年のスーパーフォーミュラにフル参戦する計画があるようだ。彼にとってスーパーフォーミュラは、F1に向けて最善の準備になるという。

 今季のF3欧州シリーズでランキング首位を走っているティクトゥム。レッドブルは、ティクトゥムは将来のF1ドライバー候補として期待をかけている。しかし今季F3欧州シリーズでタイトルを獲得したとしても、ティクトゥムはスーパーライセンス取得に必要な”スーパーライセンスポイント40ポイント”には達することができず、F1デビューを果たすことは事実上不可能である。

 そのため、スーパーフォーミュラで1年過ごし、足りないスーパーライセンスポイントを確保しつつ、2020年のF1デビューを目指すことも、選択肢のひとつに入っているという。

 ティクトゥムは今年、福住仁嶺の代役としてTEAM MUGENのマシンを駆り、スーパーフォーミュラを2戦経験した。このTEAM MUGENには昨年ピエール・ガスリーが在籍し、ランキング2位になっている。また最近では、レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコが急遽来日。スーパーフォーミュラを実際に視察した。

 ティクトゥムはスーパーフォーミュラについて、「行けるところならば、どこにでも行く」と語った。

「来年には、僕はF1に行く準備ができていると感じる。でも明らかに、ヘルムートはそうは思っていない」

「それは十分に公平なことだ。僕にはまだ、学ぶべきことがいくつかある。スーパーフォーミュラはそのためにはとても良いプラットフォームであり、僕が必要とする最後の知識とツールを構築することができる」

 ティクタムはF3欧州選手権で、ジュリ・ヴィップスやマーカス・アームストロング、ミック・シューマッハーらとタイトルを争っている。残り3ラウンド/9レースを残した段階で、ヴィップスとは12ポイント差、アームストロングとは32ポイント差、シューマッハーとは36ポイント差でランキング首位を走っている。

「僕はここでの仕事を続けなければいけない」

 そうティクトゥムは言った。

「現時点では、ヘルムートが考えているよりも、僕は自分のことをもう少し信じている。だからまずは、F3で成功することに集中しなければならないんだ」

次の スーパーフォーミュラ ニュース
キャシディ、3位入賞も「レースは完璧ではなかった」今後の課題も

前の記事

キャシディ、3位入賞も「レースは完璧ではなかった」今後の課題も

次の記事

「日本のドライバーのレベルは非常に高い」”SFは良い挑戦”とガスリー振り返る

「日本のドライバーのレベルは非常に高い」”SFは良い挑戦”とガスリー振り返る
Load comments

この記事について

シリーズ F1 , スーパーフォーミュラ
ドライバー Dan Ticktum
執筆者 Marcus Simmons
記事タイプ 速報ニュース