スーパーフォーミュラ初挑戦ハイマン、ルーキーテストは「シェイクダウンのようだった」導入予定の新エアロが新人勢の追い風に?

ラウル・ハイマンは、初参加となったスーパーフォーミュラのルーキーテストを振り返り、チームにとってはマシンの「シェイクダウンみたいだった」と語っている。

スーパーフォーミュラ初挑戦ハイマン、ルーキーテストは「シェイクダウンのようだった」導入予定の新エアロが新人勢の追い風に?
Listen to this article

 12月7日~8日にかけて鈴鹿サーキットで行なわれたスーパーフォーミュラのルーキーテストにB-Max Racingから参加したラウル・ハイマン。彼はスーパーフォーミュラ初ドライブとなったものの、テストではシェイクダウン作業を行なう必要があったと明かした。

 2022年のフォーミュラ・リージョナル・アメリカ(FRA)シリーズでタイトルを獲得し、ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)から60万ドル(約8100万円)の活動資金援助とスーパーフォーミュラ参戦権を与えられたハイマンは、来季のスーパーフォーミュラにB-Maxから参戦すると見られている。

 2日間のルーキーテストでハイマンは、今季TEAM GOHで佐藤蓮が走らせたシャシーを走らせた。ただしシーズン中はレッドブルのカラーリングが、今回のテストでは白基調に変更されていた。

関連ニュース:

 ハイマンのベストタイムは、テスト2日目の午前セッションで記録した1分38秒153。両日ともタイムシートで最下位となったものの、2日目午後にデグナーでクラッシュを喫するまでは調子を上げていっていた。

「チームは先週末にマシンを手にしたばかりで、準備の時間は僅かしかなかった」

 テストを振り返り、ハイマンはMotorsport.comに対してそう語った。

「僕らにとってはシェイクダンようなモノで、やらなきゃならない作業がたくさんあった。B-Maxは、できるだけ早くそれを終えるためにプッシュしてきた。マネジメント陣もメカニックも注力しているし、仕事に対する意欲は本当に高いと感じている」

 

「僕のドライビングの面では、まだまだ学ぶべきことがたくさんあるし、ラップタイムも削っていく必要がある。でも、新しいマシンがどんな挙動をするか分からないから、それを学んでいくのは大変なことだよ」

 またハイマンはデグナーでのクラッシュに関して、次のように語っている。

「初めてニュータイヤを履いて走っていたんだけど、ステアリングの感覚が普通じゃなかったんだ。それで僕らはマシンを戻して修正をしたから、僕の最後の走行では感触は良くなっていたよ」

「感触が良くなったから、少しハードにプッシュしたんだ。ダウンフォースを感じたかったからね」

「でも、デグナーひとつ目をプッシュして抜けようとしたら縁石に当たって、それがコースオフに繋がったんだ。衝撃は少しあったけど、ダメージは最小限だった」

 

 来シーズンはハイマンの他にも、レッドブルの育成ドライバーであるリアム・ローソンもスーパーフォーミュラデビューを果たすと見られている。

 スーパーフォーミュラは、2023年から現行車両の『SF19』に新開発のエアロキットを追加することを目指しており、ハイマンはそうしたタイミングでシリーズに加われることがルーキードライバーにとっての追い風になると考えている。

「完全なイコールコンディションとは言わないが、誰もがマシンを正しく理解する機会になる」とハイマンは言う。

「公式テストもみんな同じ量だ。僕みたいなルーキーにとっては、それがよりフラットなところからスタートする手助けになるはずだ」

「鈴鹿以外のサーキットを僕は知らないし、タイヤやマシンに関しての知識もない。大きな挑戦になることは間違いないけど、エアロも違ってくる。それもかなり大きなことだ。ワクワクするし、僕にとってはポジティブなことだ」

 
関連ニュース:

シェア
コメント

スーパーフォーミュラ冬の合同テスト“不参加”の野尻智紀は何をしていたのか? 王者が鈴鹿で「最後の答え合わせ」

スーパーフォーミュラは多くのチームが体制シャッフル。テストで注目された“TEAM TBD”の名前はなし|ホンダ2023シーズン体制発表

最新ニュース

フォード、2026年のF1復帰を正式決定! どのチームと組むかは明かされず、レッドブル”待ち”?

フォード、2026年のF1復帰を正式決定! どのチームと組むかは明かされず、レッドブル”待ち”?

F1 F1

フォード、2026年のF1復帰を正式決定! どのチームと組むかは明かされず、レッドブル”待ち”? フォード、2026年のF1復帰を正式決定! どのチームと組むかは明かされず、レッドブル”待ち”?

ザウバー/アルファロメオの新CEOにボッタス感銘「明確な方向性とヴィジョンがある」

ザウバー/アルファロメオの新CEOにボッタス感銘「明確な方向性とヴィジョンがある」

F1 F1

ザウバー/アルファロメオの新CEOにボッタス感銘「明確な方向性とヴィジョンがある」 ザウバー/アルファロメオの新CEOにボッタス感銘「明確な方向性とヴィジョンがある」

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

F1 F1

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会 ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

Indy IndyCar

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る