リアム・ローソン、スーパーフォーミュラ初走行。そのフィーリングは「F1マシンを走らせるのとよく似ている」と表現

リアム・ローソンが、鈴鹿サーキットで行なわれているスーパーフォーミュラの合同テスト&ルーキードライバーテストで、スーパーフォーミュラのマシンを初ドライブ。F1マシンを思い出させるような速さだと語った。

リアム・ローソン、スーパーフォーミュラ初走行。そのフィーリングは「F1マシンを走らせるのとよく似ている」と表現
Listen to this article

 今季FIA F2を走ったレッドブル・ジュニアドライバーのリアム・ローソンが、スーパーフォーミュラの合同テスト&ルーキードライバーテストに参加するために来日。12月7日(水)にスーパーフォーミュラのマシンを初めてドライブした。その感触についてローソンは、F1マシンを思い起こさせるような速さだと語った。

 来季スーパーフォーミュラにフル参戦するものと見られているローソンは、今回のテストでTEAM MUGENのマシンをドライブ。今シーズン、笹原右京がドライブしていた15号車だ。

 その走行初日、ローソンは参加した5人のルーキードライバーのうち最速となる総合10番手を記録。トップタイムの山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)から1秒以内につけた。

 ローソンは今回ドライブしたSF19について、今年ドライブしたレッドブルとアルファタウリのF1マシンを彷彿とさせる速さだったと語った。

「初めての日本で、初めての鈴鹿だ。今のところ、とても楽しんでいるよ」

 ローソンはそう語った。

「子供の頃から、ずっとドライブしたかった場所だ。ここで遂に走ることができて、本当に素晴らしい経験だった」

「セクター1のS字は、基本的にブレーキをかけずに、200km/h以上のスピードを保って駆け抜けていく。Gがすごくかかるから、今は首がとても痛いよ」

「これが鈴鹿の最も素晴らしいセクションだと思う。スーパーフォーミュラのマシンは高速コーナーをとても得意としているから、ドライブするのが本当にエキサイティングなんだ」

 自身のパフォーマンスを評価するのは難しいとしながらも、ローソンはスーパーフォーミュラのフィーリングは、まるでF1のようだと語った。

「テストで判断するのは、いつも難しいことだ。だから、タイムはまったく気にしていなかった。ただ、このマシンをドライブするのを理解しようとしただけだ」

「F2とは全く違うし、大きなステップアップだと思う。F1マシンをドライブするのと、よく似ているよ。とにかく良い1日だった。マシンについてたくさんのことを学んだよ。そして、様々なセットアップの感触も得ることができた」

「明日はもっと快適にマシンに乗れるようになるだろうし、自分が他のドライバーと比べてどうなのかということも見ることができるだろう」

 F2マシンとの違いについて、ローソンは次のように続けた。

「パワーのかかり方が違う。このクルマの方が少しスムーズだし、パワーのかかり方のフィーリングも良くなったと言えるだろう」

「ヨコハマタイヤは、僕がこの4〜5年間ドライブしてきたピレリとは全然違った。違うタイヤを使うのは随分久しぶりで、慣れるまでにすごく時間がかかったよ。でもタイヤの安定性とウォームアップは良い感じだ」

「スーパーフォーミュラとF2を比較すると、スーパーフォーミュラの方が特に高速セクションでとてもシャープに走ってくれる。ステアリングを操作すると反応が鋭く、遅れることがないんだ」

 ローソンは、まだ2023年のレース参戦計画が決まっていないものの、スーパーフォーミュラに参戦する可能性が高く、今回テストに参加しているTEAM MUGENから、今季チャンピオンの野尻智紀のチームメイトとして参戦するものと見られている。

「僕にとっては、ここにいられることは素晴らしいチャンスとなるだろう」

 そうローソンは語った。

「僕はF1を目指している。スーパーフォーミュラは、それを達成するための素晴らしい一歩になるだろう」

「それが実現すれば、F1に関わるというだけじゃなく、この1年の素晴らしい過ごし方になるだろう」

 
関連ニュース:

シェア
コメント

ダンディライアン6号車に取り付けられていた謎の黒いパーツ……実体はドコモとNTTによる「次世代の通信実験」|SF合同/ルーキーテスト

宮田莉朋がトップタイム。太田格之進が5番手でルーキー最上位|スーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト:2日目午前タイム結果

”ガスリー・ルート”を辿れるか? スーパーフォーミュラ参戦のローソン「確実に可能」とF1への挑戦見据える

”ガスリー・ルート”を辿れるか? スーパーフォーミュラ参戦のローソン「確実に可能」とF1への挑戦見据える

スーパーフォーミュラ

スーパーフォーミュラ参戦のローソン「確実に可能」とF1への挑戦見据える ”ガスリー・ルート”を辿れるか? スーパーフォーミュラ参戦のローソン「確実に可能」とF1への挑戦見据える

F1を目指す上で、ローソンにとっての最大のライバルは岩佐歩夢なのか「レッドブル・ジュニアの中で、特にライバル視している人はいない」

F1を目指す上で、ローソンにとっての最大のライバルは岩佐歩夢なのか「レッドブル・ジュニアの中で、特にライバル視している人はいない」

スーパーフォーミュラ
鈴鹿合同テスト&ルーキードライバーテスト

F1を目指す上で、ローソンにとっての最大のライバルは岩佐歩夢なのか F1を目指す上で、ローソンにとっての最大のライバルは岩佐歩夢なのか「レッドブル・ジュニアの中で、特にライバル視している人はいない」

レッドブルからの新たな刺客、リアム・ローソン襲来「まだここで来年レースするかわからないけど、今回のテストからできる限りを学ぶ」

レッドブルからの新たな刺客、リアム・ローソン襲来「まだここで来年レースするかわからないけど、今回のテストからできる限りを学ぶ」

スーパーフォーミュラ
鈴鹿合同テスト&ルーキードライバーテスト

レッドブルの新たな刺客、ローソンSF襲来「まだレースするか分からない」 レッドブルからの新たな刺客、リアム・ローソン襲来「まだここで来年レースするかわからないけど、今回のテストからできる限りを学ぶ」

最新ニュース

開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

SGT スーパーGT

開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記 開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し

1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し

FE フォーミュラE

1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し 1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し

2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも!

2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも!

Misc General

2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも! 2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも!

MotoGPシェイクダウンテスト最終日はドゥカティのピッロがトップ。ヤマハにトップスピード改善の兆候

MotoGPシェイクダウンテスト最終日はドゥカティのピッロがトップ。ヤマハにトップスピード改善の兆候

MGP MotoGP

MotoGPシェイクダウンテスト最終日はドゥカティのピッロがトップ。ヤマハにトップスピード改善の兆候 MotoGPシェイクダウンテスト最終日はドゥカティのピッロがトップ。ヤマハにトップスピード改善の兆候