スーパーフォーミュラ 第8戦・第9戦:鈴鹿

松下信治、シャシー交換が功を奏す。パフォーマンス向上により最終戦で今季初入賞「うまく反応してくれるようになった」 一方で牧野はシャシー交換後に苦戦

B-Max Racing Teamの松下信治は、スーパーフォーミュラ最終戦に向けてシャシーを交換したことで、パフォーマンスが向上したと語った。一方で同様にシャシー交換となった牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は、逆に苦しむことになったという。

Nobuharu Matsushita, B-Max Racing Team

 鈴鹿サーキットで行なわれたスーパーフォーミュラ最終戦”JAF鈴鹿グランプリ”で7位に入ったB-Max Racing Teamの松下信治は、前戦もてぎ戦でクラッシュした影響でシャシーを交換したことで、状況が好転したと語った。

 松下は今シーズン、1ポイントも獲得できないまま鈴鹿での最終2レースを迎えた。しかしその鈴鹿では、土曜日に行なわれた第8戦こそ無得点に終わったものの、予選では今季2度目となるトップ10入り。最終戦となった第9戦では今季ベストの6番グリッドを確保すると、レースでは一時4番手を走る快走。最終的には7位で入賞し、今季初のポイントを獲得してシーズンを締め括った。

 松下は鈴鹿ラウンドの前、8月に行なわれたもてぎ戦の1周目に、リアム・ローソン(TEAM MUGEN)のスピンによって引き起こされた多重クラッシュに巻き込まれ、シャシーにダメージを負った。そのため、最終戦には新しいシャシーを投入して挑んだ。

 松下は第9戦を終え、シャシーを交換したことが復活の鍵になったと語った。

「シャシーを変更したことが、最大の要因だったと思います」

 松下はmotorsport.comにそう語った。

「土曜日は予選Q2で赤旗が出てしまったので、少し残念でした。でも日曜日には再びQ2に進出することができ、良い仕事ができました」

「決勝で僕らはミニマムの戦略(10周目にピットインする戦略)を選択しましたが、他のチームはピットストップを遅らせる戦略を選択しました。彼らが新しいタイヤを履いたので、僕は抑えることはできませんでした。もっとピットストップを遅らせた方がよかったかもしれません」

「新しいシャシーのおかげで、全てがとても楽になりました。以前よりも多くのことを分析することもできたんです。アンチロールバーの剛性などを変更すると、それをしっかり感じることができました。うまく反応するようになってくれたんです。以前はそんなことはありませんでした」

「トップチームと比べるとまだグリップが足りないので、それを分析する必要はあります。でも、チームは良い仕事をしてくれました」

 そんな松下は、来シーズンのシートはまだ決まっていないと明かす。

「現時点では、僕の来季のシートはありません」

 そう松下は明かした。

「なんとかシートを掴みたいですが、難しいとは思います。どうなるか分からないですが、最後まで全力を尽くします」

■牧野は新シャシーに苦しむ

10位に終わった牧野(右)

Photo by: Masahide Kamio

10位に終わった牧野(右)

 松下同様に牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)も、もてぎでのクラッシュの影響で鈴鹿戦に新シャシーを投入した。しかしチームメイトの太田格之進が優勝したのに対し、10位に入るのが精一杯だった。

 牧野曰く、松下とは対照的にシャシーを交換したことで苦労し、「空力に何か問題がある」ように感じたと語る。

「クルマに何が起きているのか分かりません」

 牧野はmotorsport.comに対してそう語った。

「過去数ラウンドとはかなり違う感じがしました。どこもかしこも、”空力が無い”ように感じられたんです。時には、バウンシングしすぎることもありました」

「国本(雄資/Kids com Team KCMG)選手と松下選手の後を走っていた時、僕のマシンのストレートスピードは本当に遅かったです。コーナー出口は問題なかったんですが、ストレートエンドは本当に遅かった。ボトミングするというか、そんな感じだったんです」

 牧野曰く、もてぎでのクラッシュにより、チームと共に築いてきた進歩を失ってしまったと語る。

「富士テストの後、僕らは大きな一歩を踏み出しました。でも大きな問題はもてぎ(でのクラッシュ)でした」

 そう牧野は言う。

「クルマの良いフィーリングを失ってしまったんです。真逆になってしまいました。僕にとっては非常に難しい状況です」

「来年についてはまだ分からないです。ルーキーテスト(12月に鈴鹿で行なわれるオフシーズン合同テストおよびルーキードライバーテスト)で、マシンに何が起きているのかを理解したいと思っています。それを楽しみにしています」

 

前の記事 スーパーフォーミュラ、次なる刺客はザウバーF1育成のテオ・プルシェール? チーム代表が2024年のシート獲得目指す姿勢を明らかに
次の記事 スーパーフォーミュラが恋しくなるはず……惜別のローソン、来季はレース参戦の予定ナシ「レッドブルはF1リザーブを望んでいる」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本