スーパーフォーミュラ

SUGO3連覇を狙う山本尚貴「チャンピオン争いのためにも今回は絶対落とせない」

シェア
コメント
SUGO3連覇を狙う山本尚貴「チャンピオン争いのためにも今回は絶対落とせない」
執筆:

スポーツランドSUGOでのスーパーフォーミュラで、過去2年連続で勝利を挙げている山本尚貴。もちろん、今年も“SUGOラウンド制覇”を見据えている。

 2020年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦SUGO。この大会を2年連続で制している山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELON RACING)は、チャンピオン争いを考えても今回は勝たなければならないラウンドだと語った。

 これまでは鈴鹿サーキットで圧倒的な強さを見せていた山本だが、ここ数年はSUGOでもライバルを圧倒する走りを披露しており、TEAM MUGEN在籍時代の2018年に同サーキット初勝利をマーク。DOCOMO TEAM DANDELION RACINGに移籍した2019年も予選ではコースレコードを更新する速さをみせ、決勝でも後続を引き離す独走劇で2連覇を果たした。

 今シーズンは開幕戦から歯車が今ひとつ噛み合わないレースが続いており、2戦を終えてまだ表彰台がない。それだけに、ここから先の5戦はひとつたりとも落とすことはできないと危機感を募らせていた。

「前半2戦で大きな点数を獲れていないので、ここはやっぱり獲らないといけません。今年は有効ポイント制で争われるなかで、僕はもう2戦を落としたつもりでいます。ここから全部勝つつもりで行かないとタイトルを獲得できないと思うし、そういう意味でいうと、今回は絶対に獲らないといけないという気持ちはあります」

 そう語った山本だが、今回の舞台は2連勝中のスポーツランドSUGOだ。初日のフリー走行では赤旗の影響で新品タイヤでのアタックができないまま終了となり、5番手タイムとだった。それでも、2連勝しているというアドバンテージもあってか、予選・決勝に向けては少なからず自信はあるようだ。

「自分の手応えとしてはまずまずだと思っています。前回の岡山では正直ベストではなかったんですけど、もてぎに関してはクルマのフィーリングは良かったです。ただ、予選でトラフィックもあってタイヤを十分に温められなくて、自分の実力を発揮できないで終わってしまいました。そのもてぎの時より今回は良い感じにきているなと思います」

「(フリー走行では)1回しかアタックできなかったですし、それもユーズドタイヤでした。今日の段階で最終コーナーはほぼ全開なので、明日は(新品タイヤを履いて)Q1から全開でいけるから、調子はいいと思います」

 そして、今週末はSUGOラウンド3連覇がかかる1戦なのだが、本人もそこは少なからず意識している様子。ただ、あくまでも“チャンピオン獲得のために”今回のレースで好結果を残す必要があると強調していた。

「全然意識していないことはないですし、もちろん3連覇は成し遂げたいですけど……とにかく今年はチャンピオンを獲りたいです。やっぱり昨年、悔しい思いをしていますからね。まずはここで勝って、チャンピオン争いの渦中に入りたい。そのため、ここは落とせない1戦ですね」

Read Also:

ようやくSFデビューとなったセッテ・カマラ「すごく難しい1日となった」

前の記事

ようやくSFデビューとなったセッテ・カマラ「すごく難しい1日となった」

次の記事

SF 第3戦SUGO|予選Q1グループ分け一覧が発表、新人セッテ・カマラはB組

SF 第3戦SUGO|予選Q1グループ分け一覧が発表、新人セッテ・カマラはB組
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第3戦:SUGO
執筆者 吉田知弘