スーパーフォーミュラ

「とにかく最終コーナーは全開で攻め続けた」キャシディ、今季初Vに満面の笑み

シェア
コメント
「とにかく最終コーナーは全開で攻め続けた」キャシディ、今季初Vに満面の笑み
執筆:

2020スーパーフォーミュラ第3戦SUGO。今季初優勝を果たしたニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)は、後半スティントで攻めに徹したことが勝利につながったと語った。

 スポーツランドSUGOで行なわれた2020全日本スーパーフォーミュラ選手権の第3戦。力強いレースで今季初勝利を飾ったニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が、見事な逆転劇となった今回のレースを振り返った。

 レース序盤は4番手で周回を重ねていたキャシディ。その時点でのペースも決して悪いものではなかったが、彼が本領を発揮したのはレース後半だった。

 セルジオ・セッテ・カマラ(Buzz Racing with B-Max)のクラッシュでセーフティカーが出動し、上位陣が揃ってピットストップを完了。レースが再開されると、山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)を次々とパスし、最終的に平川に対して4秒近い差をつけてトップチェッカーを受けた。

 レース後の記者会見でキャシディは「本当に最高の気分だったし、力強いレースができた」と満面の笑みでレースを振り返った。

「やっとスーパーフォーミュラのスタートのコツを掴んで、今回は良いスタートが切れた。1周目の感触は良くて、特にタイヤが冷えている状態の時にすごく自信があったから、ピットストップのウインドウが開いてから、攻め込む機会を待っていた。セルジオをパスしてからはセーフティカーが入ってアドバンテージがなくなって、みんな同じタイミングでタイヤ交換をした」

「再スタートの時はすごく難しかった。今週末は(タイヤの)ウォームアップに時間がかかっていたんだけど、なぜか2セット目に履いたタイヤの方が調子が良くて、攻めることができた。SPコーナーでライバルに近づいて、最終コーナーも背後につけたまま駆け上がっていった。リスクもあったけど、それをやり切ったことが報われた。本当に嬉しいよ」

 やはり今回のハイライトとなったのはレース再開後の2度のオーバーテイクだ。後半スティントで履いたタイヤの調子が良かったことも要因のひとつだが、オーバーテイクのきっかけを作るために最終コーナーを全開で攻め続けたことが大きかったという。

「尚貴が最終コーナーでミスをしたのが見えた。ホンダエンジンは上り坂で本当に強くて、通常ならばついていくのは難しいなと思ったけど、今回は彼がミスをしたことで追いつけた。僕は全開で最終コーナーを駆け上がって彼との距離を詰めたけど、あの状態で全開で駆け上がっていくのは少し怖かった。だけど、うまく全開で抜けることができて、OTS(オーバーテイクシステム)を使ってスリップストリームについて、追い抜くことができた」

「亮の時もシチュエーションはほぼ一緒だった。仕掛けるのを1周待って、彼にOTSを使わせた。亮が少しワイドになったように見えたところで、うまく仕掛けることができた。今回は全開で攻め続けたことと、OTSにも助けられたことが勝因だった」

Read Also:

スーパーフォーミュラ第3戦SUGO|決勝順位速報:キャシディが今季初勝利!

前の記事

スーパーフォーミュラ第3戦SUGO|決勝順位速報:キャシディが今季初勝利!

次の記事

ポールスタートも痛恨のリタイア……セッテ・カマラ「経験のないことばかりだった」

ポールスタートも痛恨のリタイア……セッテ・カマラ「経験のないことばかりだった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第3戦:SUGO
執筆者 吉田知弘