ニック・キャシディ「タフな週末になりそうだが、自信はある」

シェア
コメント
ニック・キャシディ「タフな週末になりそうだが、自信はある」
執筆: 吉田知弘 , Writer
2018/08/18 3:43

2018スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ。前回の第4戦で優勝を飾ったニック・キャシディは今週末のもてぎも自信があると語った。

 ツインリンクもてぎで行われているスーパーフォーミュラ第5戦。ニック・キャシディ(KONDO RACING)は、トップと1ポイント差のランキング2位で今週末のレースを迎えている。

 先日のスーパーGT第5戦でもレース後半に怒涛の追い上げをみせるなど、存在感あふれるパフォーマンスを発揮しているキャシディ。今週末に向けても上位で戦える自信はあるという。

「僕たちのクルマは夏の暑いコンディションで速さを発揮できているから、今週末も強さを発揮できればと思う」

「ここ最近はスーパーフォーミュラに加えてスーパーGTでも良いパフォーマンスを発揮できている。良いモチベーションで今週のレースを迎えられている。このモチベーションを維持して、まずは自分たちのベストを尽くすことに集中したい」

 しかし、キャシディはライバルの存在も警戒していた。ランキング首位を快走する山本尚貴(TEAM MUGEN)はもちろん、昨年は後方グリッドから見事な逆転劇を見せた石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)の動向も気にしており、今回もシビアな戦いになるだろうと予想した。

「ここはトヨタエンジン勢が比較的強いと言われているけど、昨年はTEAM MUGEN(ピエール・ガスリー)が勝っている。その時のセットアップを山本選手も参考しているだろうから、今週末も山本選手は手強い存在になるだろう」

「また石浦選手も昨年は17番手からスタートして4位まで浮上してきた。彼も今週は速いだろう。彼らはチャンピオン争いでは一番のライバルになる。タフな週末になりそうだけど、自信はある」

次の スーパーフォーミュラ ニュース
土曜走行フリー走行:セッションは一時赤旗中断も野尻智紀が首位

前の記事

土曜走行フリー走行:セッションは一時赤旗中断も野尻智紀が首位

次の記事

SFもてぎ予選:石浦宏明が逆転で今季初ポールポジションを獲得! 

SFもてぎ予選:石浦宏明が逆転で今季初ポールポジションを獲得! 
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース