高星明誠、スーパーフォーミュラフル参戦デビューを熱望「日産ドライバーにもシート獲得の可能性はあるはず」

高星明誠は、松下信治のように日産の契約ドライバーがスーパーフォーミュラを戦っていることから、自らにも同シリーズのシートを獲得するチャンスがあるはずだと考えている。

高星明誠、スーパーフォーミュラフル参戦デビューを熱望「日産ドライバーにもシート獲得の可能性はあるはず」

 スーパーGTのGT500クラスに日産陣営から参戦している高星明誠は、スーパーフォーミュラに関してはこれまでレギュラーシートを獲得したことはない。しかしながら、今季の松下信治のように、日産ドライバーにもスーパーフォーミュラを戦うチャンスはあると感じているようだ。

 高星は2017年に全日本F3(現スーパーフォーミュラ・ライツ)のタイトルを獲得した後、2018年はKONDO RACINGからスーパーGTのGT500にステップアップ。現在も日産陣営の一員として、同チームに所属している。

 ただ前述のように、高星は国内トップフォーミュラにはあまり縁がなかった。高星は昨年の岡山戦で、セルジオ・セッテ・カマラの代役としてBuzz Racing with B-Maxからスーパーフォーミュラデビューを果たすと、今季は平川亮の代役としてTEAM IMPULから第4戦SUGOに出走したが、彼のスーパーフォーミュラでのキャリアはこの2戦のみとなっている。

 スーパーフォーミュラのエンジンサプライヤーがトヨタ/TRDとHONDA/M-TECの2メーカーのみとなっている関係から、近年は日産のスーパーGTドライバーがスーパーフォーミュラに参戦するケースは稀であった。しかしながら今季は、日産でスーパーGTに参戦する松下信治が、紆余曲折を経ながらもスーパーフォーミュラに参戦している。

 そういったことからも、高星は自分たちのような日産ドライバーにもスーパーフォーミュラで戦うチャンスが開かれているはずだと信じている。

「契約の問題さえなければ、シート獲得の可能性はあると思います」

 高星はmotorsport.comにそう語った。

「僕はF3チャンピオンですし、自分はフォーミュラでも速いと思っているので、(スーパーフォーミュラで)走りたいですね。でも現時点では走りたいという願望だけで、具体的に決まっていることは何もありません」

 高星は現在、スーパーフォーミュラのパドックにおいて少し変わった形で存在感を放っている。彼は併催されるスーパーフォーミュラ・ライツで、B-MAX RACING TEAMの監督業を行なっているのだ。同チームに所属する名取鉄平は、現在ポイントリーダーとなっている。

「とても良い経験になっています」と高星は言う。

「サーキットに行って、色んな情報を得ることができます。ドライバーのスキル向上に貢献できて、パドックにも留まることができるのはとても有益なことです」

 また高星はフォーミュラEの日産・e.ダムスのテスト兼リザーブドライバーを務めており、来季もその役割を継続することが発表されたばかりだが、そちらの方は新型コロナのパンデミック以降あまり貢献できていないという。渡航制限により、フランスにあるシミュレータで作業をすることも叶っていない。

 

「パンデミックが始まってからは、フォーミュラEに関する活動は何もできていません」

 高星はそう語った。

「僕は今日本でのレースに集中していて、DAMSのシミュレータも(渡航制限により)利用できていません。こちらにはシミュレータがないので、ここにいながら貢献できることはあまりありません」

 

Read Also:

シェア
コメント
【スーパーフォーミュラ】ジュリアーノ・アレジ、16位に終わった原因掴めず「今はエンジニアと一緒に分析をするだけ」
前の記事

【スーパーフォーミュラ】ジュリアーノ・アレジ、16位に終わった原因掴めず「今はエンジニアと一緒に分析をするだけ」

次の記事

ThreeBond DragoCORSE、タチアナ・カルデロンのレース日記|第4回:ル・マンは悔しいリタイア。気持ちを切り替えいざ日本へ

ThreeBond DragoCORSE、タチアナ・カルデロンのレース日記|第4回:ル・マンは悔しいリタイア。気持ちを切り替えいざ日本へ
コメントを読み込む