天候悪化によりスーパーフォーミュラ第6戦のスタート時刻がディレイ

シェア
コメント
天候悪化によりスーパーフォーミュラ第6戦のスタート時刻がディレイ
執筆: 青山 悦子
2018/09/09 7:07

スーパーフォーミュラ第6戦岡山のスタート時刻が変更となり、遅れている。

 スーパーフォーミュラ第6戦岡山の決勝レースのスタート時刻がディレイとなっている。

 岡山国際サーキットは朝から雨に見舞われており、午前8時の時点で、当初のタイムスケジュールの変更が発表されていた。決勝レースのスタート進行開始時刻は、当初よりも10分早い13時10分を予定。13時55分からフォーメーションラップスタートの予定だった。

 しかし徐々に雨が強くなり、午前中に行われた全日本F3選手権第14戦はセーフティカー先導でレースがスタート。途中にも雨が強くなり再びセーフティカーが導入されてフィニッシュを迎えた。

12時を過ぎたあたりからさらに雨脚が強くなり、N-ONE OWNER'S CUPの決勝もセーフティカー先導のまま8周のレースを終えた。この状況を受け、12時30分ごろにスーパーフォーミュラのスタート進行開始時刻の変更された。今朝の予定から30分遅らせ13時40分からスタート進行が始まり、14時25分フォーメーションラップスタートという予定となった。

 

【13時15分 時点 最新情報】

雨脚はさらに強まり、サーキット周辺は今週一番の豪雨となった。これにより、スタート進行の開始をさらに伸ばし、当初の予定から1時間遅れ14時10分からスタート進行を開始。レーススタートは14時55分の予定に変更された。

次の スーパーフォーミュラ ニュース
中嶋一貴、予選で試行錯誤もうまくいかず「アタック中から厳しいと思った」

前の記事

中嶋一貴、予選で試行錯誤もうまくいかず「アタック中から厳しいと思った」

次の記事

SF岡山決勝速報:悪天候と赤旗中断で大波乱。関口が今季初優勝

SF岡山決勝速報:悪天候と赤旗中断で大波乱。関口が今季初優勝
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第6戦岡山
執筆者 青山 悦子
記事タイプ 速報ニュース