千代勝正、ドライの金曜日に2番手タイム「クルマの理解度が深まってきた」

シェア
コメント
千代勝正、ドライの金曜日に2番手タイム「クルマの理解度が深まってきた」
執筆: 吉田知弘
2018/09/08 6:27

2018スーパーフォーミュラ第6戦。金曜日の専有走行で2番手タイムを記録した千代勝正(B-MAX Racing Team)は、チームとともにマシンの理解度が深まってきたと語った。

 今季からスーパーフォーミュラに参戦している千代勝正(B-MAX Racing Team)。ここまで上位に食い込めないレースが続いていたが、第6戦岡山の金曜専有走行で2番手のタイムを記録。チームとともにクルマの理解度が深まってきたと、手応えを感じていた。

 土曜日、日曜日が雨予報ということもあり、金曜日のセッションより前大会から持ち越したソフトタイヤを装着して走行するシーンが見られた。

 特に最後の10分では、大半のマシンがソフトタイヤを履いてタイムアタックのシミュレーションを行っていたが、その中で千代はトップから0.067秒差の2番手につけた。

 持ち越しタイヤが新品ソフトだったとはいえ、チームとしてもここまでの高ポジションにつけるのはほぼ初めてだった。

「走り出しのバランスは決して良くなかったです。そこからフィーリングとデータを含めてチームと話し合って、セットアップを進めていきました。その方向が、今回はうまくいったと思います」

「まだ少し直したいポイントがありますが、そこはデータでも裏付けがとれています。チーム全体として、ちゃんとクルマがどういう状況かというのを理解できている中で、進められることができました」

 千代にとっては今季初めてのスーパーフォーミュラ。チームにとっても、このカテゴリー参戦は2年目だ。前回のもてぎでは苦戦を強いられたが、そこから方向性を立てなすことができたという。

「(今回の2番手タイムで)進歩を感じれたかなと思います。前半戦は上り調子でレースが進んできてQ1も突破することができたりもしましたが、でも前回のもてぎでは『何が悪いんだろう?』と思う中でレースが進んで、また元に戻ってしまったような感じで、今までやってきた流れから迷いが出てしまいました。今回の岡山に向けてもチームと色々話し合って、どういう方向性で臨むべきかをきっちり決めてきました」

「チーム全体でのクルマの理解度が深まってきているのというのが大きいです。タイムよりも、僕も含めてチームの中で、このクルマをどうやって走らせたら速くのかというのを試行錯誤しています。その中で、少し良いものが見えてきたのは大きいかなと思います」

 ただ、予選と決勝は雨の予報となっており、雨に関しては難しい状況になるかもしれないが、できる限り頑張りたいと語った。

「雨はゼロスタートになるので、第4戦富士でも雨の中で少し走りましたが、全然遅かったです。クルマとヨコハマタイヤのウエットの特性と色々あります。まだ2年目のチームで色々難しいところがありますが、その経験も楽しみつつ頑張ります」

次の スーパーフォーミュラ ニュース
フリー走行:ウエットで赤旗中断も。ディルマン、初のセッショントップ

前の記事

フリー走行:ウエットで赤旗中断も。ディルマン、初のセッショントップ

次の記事

最後の最後で逆転!関口雄飛が今季初ポールを獲得

最後の最後で逆転!関口雄飛が今季初ポールを獲得
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第6戦岡山
ドライバー 千代 勝正
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース