「Q1までPPを獲れるとは思っていなかった」山本尚貴:SF開幕戦鈴鹿

予選Q3で圧倒的なタイムを叩き出し、見事ポールポジションを獲得した山本尚貴。しかし彼は、Q1途中までは、PPを獲れるとは、とても思えなかったと言う。

 記者会見の冒頭で、「正直言って、昨日の専有走行の段階ではポールポジションを獲れるとは思っていませんでした」と語っていた山本尚貴(TEAM 無限)。ポールを獲れるかもしれないという手応えを感じたのは、Q1での2セット目のタイヤで走った段階だったという。それまでは、「タイムを出せるポテンシャルもなく、自分としても速く走るのに苦労していました」という状況だったのだと言う。


「そこからはセッティングの詰めの作業を進め、岡山テストでやってきたことをシミュレーションどおりにやった結果です。金曜日の走行ではトラブルもありましたが、エンジニアやメカニック、そしてホンダのスタッフの方々が夜遅くまで対処してくれたおかげで、こうしてポールポジションを獲ることができました」と山本は語る。


 対処の結果マシンが改善されたことで、状況は一転。Q3でのタイムは圧倒的なものだった。そして、決勝レースはポールポジションの位置からスタートを切る。果たして、山本は多くのスタッフの働きに、結果で”お返し”をすることができるだろうか?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第1戦鈴鹿サーキット
サブイベント 土曜日 予選
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー 山本 尚貴
記事タイプ 速報ニュース