スーパーフォーミュラ第4戦富士が『第1回瑶子女王杯』として開催へ。近藤真彦会長「日本のレース界が認められる、その第一歩になれば」

7月に富士スピードウェイで開催されるスーパーフォーミュラ第4戦が、瑶子女王殿下の賜杯を受ける『第1回瑶子女王杯』として開催されることとなった。

Start Action

Start Action

写真:: Masahide Kamio

 7月20日、21日に富士スピードウェイで開催される2024年スーパーフォーミュラ第4戦。同大会が『第1回瑶子女王杯』として行なわれることが明らかにされた。

 三笠宮家の瑶子女王殿下はこれまで、東京モーターショーやジャパンモビリティーショーの総裁を務められるなど、自動車産業に関心をお持ちで、業界の発展に尽力されてきた。その瑶子女王の賜杯を受けるレースが、日本のトップフォーミュラであるスーパーフォーミュラで開催されることになった。

 スーパーフォーミュラを主催する日本レースプロモーション(JRP)によると、今年の年初にシリーズとしての様々な取り組みを瑶子女王に説明する機会があり、そこで「取り組みに対する理解をいただけた」ことが開催のきっかけになったという。

 皇族の賜杯を受けるというのはモータースポーツでは異例と言えるが、これは日本におけるモータースポーツの地位向上の一助にもなり得るだろう。JRPの近藤真彦会長も「フォーミュラレースはヨーロッパでは相当なポジションにある一方で、日本は少し遅れていたのかなと思います。これをきっかけにフォーミュラに限らず、日本のモータースポーツがもう少し認められるようになる、その第一歩になればと思います」と期待感を口にした。

 

前の記事 大湯都史樹が好調トップタイム。福住仁嶺、岩佐歩夢が続く|スーパーフォーミュラ第3戦SUGO:土曜フリー走行タイム結果
次の記事 野尻智紀がポールポジション獲得! 岩佐歩夢2番手でMUGENがワンツー|スーパーフォーミュラ第3戦SUGO:公式予選タイム結果

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本