松下信治、SF代役参戦で表彰台狙えるパフォーマンスを発揮。次戦鈴鹿の参戦は「五分五分」

シェア
コメント
松下信治、SF代役参戦で表彰台狙えるパフォーマンスを発揮。次戦鈴鹿の参戦は「五分五分」
執筆:

急きょ決まった代役参戦にも関わらず、スーパーフォーミュラ第4戦オートポリスで好パフォーマンスを見せた松下信治は、次戦鈴鹿を戦う可能性は五分五分だと語った。

 今季はFIA F2選手権に参戦していた松下信治。シーズン途中でシートを失ってしまったが、急きょ決まったスーパーフォーミュラ第4戦オートポリスで、その実力を見せつけた。

 セルジオ・セッテ・カマラの代役として、2018年以来となるスーパーフォーミュラのレースにBuzz Racing with B-Maxから参戦した松下。予選では6番手、決勝ではピット作業でタイムロスをしたものの、6位でフィニッシュ。チームにとって今季最高リザルトを持ち帰った。

Read Also:

 ピット作業がもっと早ければ、表彰台獲得は十分に可能だったとレースを振り返った松下。第5・第6戦が行なわれる鈴鹿でのレースにB-Maxから参戦できるかは分からないとしながらも、チャンスを与えてくれたチームに感謝していると話した。

「スタートは良かったです。誰かが僕を抜いていったと思いますが、1コーナーへの飛び込みで2、3台パスしました。F2スタイルですね!」

「ブレーキングは得意なので、いくつかポジションをゲインできました。でもその後は、ちょっとトレイン状態になってしまいました」

「その後、セーフティカーが出て、僕たちはピットインしました。右リヤタイヤの交換に時間がかかり、6秒くらいタイムをロスしてしまいました。それがなければ、3位になっていたと思います」

「大きなロスでしたが、僕にできることは全部やりました。自分のパフォーマンスはもちろん、クルマのパフォーマンスにも満足しています」

「本当に良いチャンスをくれたチームに感謝しています」

 鈴鹿でのレースに参戦する可能性について、松下は「五分五分です。スポンサーがどう思うかによります。僕にはどうすることもできません」と語る。

「それでも、鈴鹿と(最終戦)富士でまたレースができればいいなと思っています」

 一方で、オートポリスでのレースはF2に比べて”少しつまらなかった”と称した松下は、スーパーフォーミュラはオーバーテイクシステムの出力を上げるべきなのかもしれないと指摘した。

「誰もが、それをディフェンスのためにも使っています」

「何かを変えるべきかもしれません。(F1やF2で使われている)DRSの方がエンターテイメント性には優れていると思いますが、コストがかかることは理解しています」

「もっとパワーがあればパスしやすくなるのかもしれないですけど、ハイダウンフォースのクルマでのオーバーテイクは常に難しいものです。運転していて楽しいのであまり文句は言いたくありませんが、(オーバーテイクを増やすために)何か出来ると思います」

Read Also:

「“タラレバ”を言ってはいけないんだけど……」山本尚貴、後悔と悔しさが残る2位表彰台

前の記事

「“タラレバ”を言ってはいけないんだけど……」山本尚貴、後悔と悔しさが残る2位表彰台

次の記事

牧野任祐、SF初の表彰台も満足せず「展開次第では勝てるチャンスもあった」

牧野任祐、SF初の表彰台も満足せず「展開次第では勝てるチャンスもあった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第4戦:オートポリス
サブイベント Race
ドライバー 松下 信治
チーム B-Max Racing Team
執筆者 Jamie Klein