中嶋一貴、予選で試行錯誤もうまくいかず「アタック中から厳しいと思った」

シェア
コメント
中嶋一貴、予選で試行錯誤もうまくいかず「アタック中から厳しいと思った」
執筆: 吉田知弘
2018/09/09 3:39

2018スーパーフォーミュラ第6戦。予選Q1で敗退を喫した中嶋一貴は、アタック中から手応えがなかったと語った。

 岡山国際サーキットで行われているスーパーフォーミュラ第6戦。中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)は予選16番手でQ1敗退となった。

 今シーズンは中止となった第2戦オートポリスを除き、参戦したレースでは全てポイント圏内でフィニッシュしている中嶋だが、今週末は金曜日の走り出しから苦戦模様で、途中にはピット内で時間をかけてセッティング変更をするなど、様々なことを試みていた。

 ウエットコンディションとなった予選でも、終始マシンの姿勢が定まらない様子だった。Q1では最後までアタックを続けたが1分28秒821で16番手。中嶋にしては珍しくQ1敗退となった。

 予選後の中嶋は、まさに“お手上げ”という表情をみせた。

「岡山はもともと『どうかな……』と思うところがあって、あまり得意でもないし、難しくなるかなと思っていました」

「1セット目で新品タイヤを履いていきましたが、フィーリングはあまりよくありませんでした。(2セット目で)ちょっと古めのタイヤをつけてみたんですけど、良くならなかったです。2セット目のタイヤを履いてコースに入った瞬間に『ああ、これはもうダメだな』思うようなフィーリングでした。正直、悔しさも出てこないくらい……ダメでした」

「タイム差を見たらQ1は通れたかなと思ったんで、そこは勿体無かったです。(2セット目で)新品タイヤをつけていたらどうなったか分からないですけど、もし通っていたとしても、その先(Q3進出)はなかったと思います」

 今シーズンはなかなかパフォーマンスをフルに発揮できず、Q2敗退も目立っていたが、Q1敗退というのはスーパーフォーミュラでのキャリアをみても久しぶりのこと。しかし、中嶋は今年はいつQ1で落ちてもおかしくないような状況だったという。

「正直、今年Q1で落ちずにここまでこれたのは、けっこう奇跡だと思っています。何回(Q1で)落ちてもおかしくない感じでした。そんなに(Q1で落ちたことに対して)思うことはないです。これまでは、苦しいながらも何とか帳尻を合わせてQ2に上がれていましたが、今回はうまくいかなかったですね」

「決勝はなるようにしかならないと思うので、そこで少しでもいいものを見つけられればいいなと思います」

次の スーパーフォーミュラ ニュース
日曜フリー走行は大雨、関口雄飛がトップタイムで好調さを維持

前の記事

日曜フリー走行は大雨、関口雄飛がトップタイムで好調さを維持

次の記事

天候悪化によりスーパーフォーミュラ第6戦のスタート時刻がディレイ

天候悪化によりスーパーフォーミュラ第6戦のスタート時刻がディレイ
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第6戦岡山
ドライバー 中嶋 一貴
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース