関口雄飛が今季初優勝!小林可夢偉との白熱ウエットバトルを制す

シェア
コメント
関口雄飛が今季初優勝!小林可夢偉との白熱ウエットバトルを制す
執筆: 吉田知弘
2018/09/09 11:17

2018スーパーフォーミュラ第6戦。決勝レースは関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が今季初優勝を飾った。

 岡山国際サーキットで行われたスーパーフォーミュラ第6戦。決勝レースは悪天候で途中に赤旗中断やセーフティカー導入など波乱続きのレースとなったが、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が今季初優勝を飾った。

 朝から強い雨に見舞われた岡山国際サーキットでは当初予定されていた68周から54周もしくは最大70分のレースタイム(赤旗中断時はカウント対象外)というフォーマットに変更された。また午後に入って非常に強い雨が降り、当初の予定よりスタートが1時間ディレイされた。

 しかし、各車がグリッドについた14時30分ごろはほとんど雨は降っていない状態だったが、スタート10分前あたりから再び強い雨が降り出し、セーフティカー先導でのスタートとなった。

 強い雨の中、各車がグリッドを後にしたが、13番グリッドのナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)がストールをしたのかスタートできなかった。全車が出発した後に、エンジンをかけ直し、隊列に加わった。

 セーフティカー先導による隊列走行で周回を重ねたが、コース上の水の量が多いこともあり、6周を終えたところで赤旗が出され、レースは中断された。

 この後も、雨の予報になっているため、このままレース終了になるかと思われたが、徐々に天候が回復し約55分の中断を経て16時10分に再びセーフティカー先導でレースが動き出した。

 12周を終えたところでセーフティカーがピットに戻り、ようやくバトルがスタート。すると、すぐに勝負をしかけたのは2番手の小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)がトップの関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)に急接近しバックストレート終わりのヘアピンではインに飛び込もうとするが、ここは関口が冷静に抑えた。

 小林も諦めることなく攻めていくが、ダブルヘアピン2つ目の出口で関口のテールに接触してしまう。それでも小林はひるまず、続くマイクナイトコーナーでパス。トップに浮上した。

 しかし、関口と接触した際にフロントノーズを炒め、ノーズコーンの先端部分が破損してしまった。ピットでは代わりのノーズコーンを用意しピットインに備えたが、小林はそのまま走行を続け、一時は関口に対して7秒近い差をつけた。

 一方、後方では福住仁嶺(TEAM MUGEN)とトム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)がアグレッシブな走りを見せ、次々と前のマシンをオーバーテイク。22周目には10番手の大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)まで追ついていた。その最終コーナーでは、福住とディルマンがサイドバイサイドになるが2台は接触。ディルマンはフロントウイングを壊しグラベルに捕まってリタイアとなってしまった。福住はスピンを喫し順位を落とすが、コースに復帰した。

 ディルマンのマシンを回収するためにセーフティカーが導入。この時点で小林は関口に対して5.2秒のリードを築いていたが、その差がゼロになった。

 27周目にレースが再開されると、小林が巧みな再スタートでのダッシュを決め関口を引き離しにかかるが、ダブルヘアピンの1つ目でコースオフ。これでトップがまた入れ替わった。

 コースオフ直後はペースが上がらず、3番手の平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)に接近されるが、徐々にペースを取り戻し関口に迫った。

 32周に10番手までポジションを回復していた福住がアトウッドコーナーでスピン。コース中央にマシンを止めてしまった。

  このアトウッドコーナーに、ちょうど関口と小林が接近。ちょうど小林がオーバーテイクを仕掛けようとしていたところだったが、イエローフラッグ区間ということですぐに引き下がった。直後に再びセーフティカーの導入が決定し、バトルは一時中断する。ここでレースタイムの最大時間である70分を迎え34周でチェッカーフラッグ。関口が今季初優勝を飾った。2位には小林、3位には平川が入った。

 なお、今回はレース周回数の75%に満たなかったため、ハーフポイントがトップ8に与えられた。ランキングトップのニック・キャシディ(KONDO RACING)は5位に入り、首位をキープ。同2位に上がった石浦宏明(JMS P.MU CERUMO・INGING)に4ポイントのリードをつけた。

次の スーパーフォーミュラ ニュース
SF第5戦もてぎ:石浦宏明が完璧なレース戦略で今季初優勝

前の記事

SF第5戦もてぎ:石浦宏明が完璧なレース戦略で今季初優勝

次の記事

INGING立川祐路監督「国本には申し訳ないが、チームの判断で石浦を前に出した」

INGING立川祐路監督「国本には申し訳ないが、チームの判断で石浦を前に出した」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第6戦岡山
サブイベント 日曜日 決勝レース
ドライバー 小林 可夢偉 , 関口 雄飛
執筆者 吉田知弘
記事タイプ レースレポート