SF最終戦決勝速報:山本尚貴が2度目のチャンピオン獲得!

シェア
コメント
SF最終戦決勝速報:山本尚貴が2度目のチャンピオン獲得!
2018/10/28 7:03

2018年のスーパーフォーミュラ最終戦の決勝。山本尚貴(TEAM MUGEN)が2回目のシリーズチャンピオンを獲得した。

 鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラ最終戦の決勝。ポールポジションからスタートした山本尚貴(TEAM MUGEN)が、ランキング首位のニック・キャシディ(KONDO RACING)の猛追を振り切り、今季3勝目をマーク。自身2回目となるシリーズチャンピオンを獲得した。

 詳細なレポートは、後ほど掲載する。

スーパーフォーミュラ最終戦決勝:結果

1.山本尚貴(TEAM MUGEN)

2.ニック・キャシディ(KONDO RACING)

3.山下健太(KONDO RACING)

4.国本雄資(JMS P.MU/CERUMO・INGING)

5.中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)

6.塚越広大(REAL RACING)

7.松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

8.関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

9.野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

10.千代勝正(B-Max Racing Team)

11.石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)

12.福住仁嶺(TEAM MUGEN)

13.小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)

14.大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)

15.トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)

16.ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)

17.伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)

18.ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)

19.平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

次の記事
日曜日フリー走行はインパル勢が速さをみせ、関口雄飛がトップ

前の記事

日曜日フリー走行はインパル勢が速さをみせ、関口雄飛がトップ

次の記事

山本尚貴、最終周まで続いたキャシディとの激戦を制す。2度目の戴冠

山本尚貴、最終周まで続いたキャシディとの激戦を制す。2度目の戴冠
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦鈴鹿
サブイベント 日曜日 決勝
記事タイプ 速報ニュース