日曜日フリー走行はインパル勢が速さをみせ、関口雄飛がトップ

シェア
コメント
日曜日フリー走行はインパル勢が速さをみせ、関口雄飛がトップ
執筆: 吉田知弘
2018/10/28 1:45

2018スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿。日曜日のフリー走行は関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がトップタイムを記録した。

 鈴鹿サーキットで行われている2018スーパーフォーミュラ最終戦。日曜日朝のフリー走行は関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がトップタイムを記録した。

 朝から雲ひとつない青空が広がった鈴鹿サーキット。決勝前のセッションは各車ともロングランを中心にマシンの確認を行った他、スタート練習を念入りに行うチームやピット作業の練習を行うチームなどが多かった。

 その中で、セッティングを変えてショートランを行なっていた関口がセッション開始早々に、1分39秒215をマーク。それ以外のマシンは1分40秒から1分41秒台でのペースで走行をしていた。

 開始20分を迎えるところで、関口のチームメイトである平川亮が1分40秒602を記録し2番手に浮上にしたが、直後のS字で右リヤタイヤがパンクしコースオフ。セッションは赤旗中断となった。

 マシンの回収に時間がかかり、約10分の中断後に残り5分からセッション再開。平川もマシンを修復しチェッカー直前にコースインを果たし、セッション後のスタート練習に参加した。

 結局、このセッションのトップは関口、2番手には平川とITOCHU ENEX TEAM IMPUL勢がワンツーを独占した。3番手には伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)入った。

 ポールポジションの山本尚貴(TEAM MUGEN)はセッション終盤にタイムを伸ばし4番手。ランキング首位のニック・キャシディ(KONDO RACING)が5番手に続いた。

日曜日フリー走行:タイム結果

1. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1:39.215

2. 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1:40.602

3. 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)/1:40.973

4. 山本尚貴(TEAM MUGEN)/1:41.203

5. ニック・キャシディ(KONDO RACING)/1:41.360

6. ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)/1:41.456

7. 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1:41.469

8. 塚越広大(REAL RACING)/1:41.545

9. 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)/1:41.586

10. 石浦宏明(JMS P.MU / CERUMO・INGING)/1:41.647

11. 千代勝正(B-Max Racing team)/1:41.714

12. 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)/1:41.768

13. 大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1:41.995

14. 松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1:42.005

15. トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1:42.150

16. 山下健太(KONDO RACING)/1:42.201

17. 福住仁嶺(TEAM MUGEN)/1:42.139

18. ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)/1:42.871

19. 国本雄資(JMS P.MU / CERUMO・INGING)/1:45.173

次の記事
2019年から新始動するTCRジャパンシリーズの概要が発表。SFと併催に

前の記事

2019年から新始動するTCRジャパンシリーズの概要が発表。SFと併催に

次の記事

SF最終戦決勝速報:山本尚貴が2度目のチャンピオン獲得!

SF最終戦決勝速報:山本尚貴が2度目のチャンピオン獲得!
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦鈴鹿
サブイベント 日曜日 決勝
ドライバー 関口 雄飛
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース