スーパーフォーミュラ
スーパーフォーミュラ
16 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
26 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
14 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days

スーパーフォーミュラ第2戦富士も新型コロナウイルスの影響で延期が決定

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ第2戦富士も新型コロナウイルスの影響で延期が決定
執筆:
2020/03/18 10:39

4月18〜19日に開催を予定していた富士スピードウェイでのスーパーフォーミュラ第2戦も新型コロナウイルスの影響で開催延期となった。

 富士スピードウェイは18日、感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響を踏まえ2020全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦(4月18~19日)の開催を延期すると発表した。

 F1やMotoGPをはじめ、国内外のモータースポーツの開催延期、中止が相次いでおり、スーパーフォーミュラも3月9~10日の鈴鹿公式テスト、4月4~5日の開幕戦鈴鹿の開催延期が決まった。

 例年、富士スピードウェイでのスーパーフォーミュラは7月に開催されていたが、今年は東京オリンピック/パラリンピックの自転車競技の会場となるため、その日程重複を回避するため4月18~19日に開催時期が移動となっていた。

 しかし、現在の国内外での感染状況や政府の対策基本方針なども鑑み、プロモーターである日本レースプロモーション(JRP)と協議の結果、来場者や協議関係者の健康と安全を考慮して延期が決定した。代替え日程については新型コロナウイルスの収束状況を見極めて、改めて決定するという。

 なお、3月24~25日に行なわれる富士スピードウェイでの公式テストは予定通り開催されるが、AパドックとBパドックへの一般入場は禁止される。

 これで国内の主要4輪カテゴリーではスーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿、スーパーGT開幕戦岡山、スーパー耐久の開幕戦鈴鹿に次いで4レース目となる。

 また同サーキットで5月3〜4日に開催予定のスーパーGT第2戦も新型コロナウイルスの収束状況などを考慮した上で、改めて判断するとした。

Read Also:

次の記事
SF富士公式テストは予定通り開催へ、パドックへの一般入場は禁止

前の記事

SF富士公式テストは予定通り開催へ、パドックへの一般入場は禁止

次の記事

セッテ・カマラ、SF電撃参戦! フィッティパルディに代わりB-Maxに加入

セッテ・カマラ、SF電撃参戦! フィッティパルディに代わりB-Maxに加入
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
執筆者 吉田知弘