スーパーフォーミュラ
スーパーフォーミュラ
26 9月
次のセッションまで……
04 時間
:
57
:
55
14 11月
次のセッションまで……
49 days
19 12月
次のセッションまで……
84 days

平川亮、SFもてぎ大会で連覇達成「次のレースでも優勝を狙っていく」

シェア
コメント
平川亮、SFもてぎ大会で連覇達成「次のレースでも優勝を狙っていく」
執筆:

2020スーパーフォーミュラ第1戦もてぎ。見事ポール・トゥ・ウィンを果たした平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)はロングランのペースに関しては課題が残っていることを明かした。

 ツインリンクもてぎで開催された2020全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕戦で、ポールポジションから一度もトップを譲らない走りで優勝した平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がレースを振り返った。

Read Also:

 公式予選では2番手以下に0.3秒以上の速さを見せた平川は、決勝でトップを守るためにも、まずはスタートを失敗しないようにすることを心がけたという。

「一番(大事な点)はスタートだと思っていたので、そこに集中しました。でもフォーメーションラップで思ったほどリヤタイヤが温まっていなくて『スタートはうまくいかないかもしれない』という予想はしていました。そこで欲張ってしまうとホイールスピンをしたり、アンチストールシステムがかかってしまうことがあるので、あまり欲張らないように心がけました」

「ここは1コーナーまでの距離が短いので、大きな失敗をしなければ抜かれないと思っていました。後ろから山下選手が結構な勢いできていましたが、そこはうまく阻止できました」

「レース中はずっと後ろが1秒~1.5秒くらいの間隔でいて、逃げようとしても絶対に逃げられないと分かっていたので、タイヤを労って気を抜かずに走れたのが良かったです。レース(でのパフォーマンス)は予選と比べると遅いんですけど、その原因はつかめています。次の岡山は昨年ポールを獲って決勝で下がってしまったので、レースでのロングランが課題かなと思っています」

 そうレースを振り返った平川。特に終盤になって山下健太(KONDO RACING)が接近した際、最終ラップではオーバーテイクボタンの押し合いとなった。しかし平川の側でもそういった展開はありうると、心の準備はできていたという。

「それまでに使うタイミングがなかったので残していたのですが、最後は後ろが使っているのが見えました。そこで(オーバーテイクシステムを)残していても仕方がないですし、抜かれたくなかったので、僕も使いました。バックストレートの真ん中くらいまで使っていたので、そこまで行けば大丈夫だろうと思いました。最終ラップで使ってくることは予想していたので、一応構えていました」

 今回新ポイントシステムの導入されたレースでポール・トゥ・ウィンを飾ったことで、平川は一気に23ポイント(1位20ポイント、PP3ポイント)を稼いでリードを築いたが、次回の第2戦岡山大会でも優勝を狙っていきたいと語った。

「次の岡山も得意なサーキットですが、昨年と同じく予選ではトップを狙っていきますし、勝ちたいなという気持ちもあります。あと今年は有効ポイント制なので、勝てるときに勝っておくというのは大きいです。次の岡山でも集中してやっていきたいと思います」

 

Read Also:

SFもてぎ第1戦 決勝|気温40度の灼熱のコンディションの中、平川亮がポール・トゥ・ウィン

前の記事

SFもてぎ第1戦 決勝|気温40度の灼熱のコンディションの中、平川亮がポール・トゥ・ウィン

次の記事

2位の山下健太、記者会見は“リモート出席”「ご尽力いただいた皆様に感謝」

2位の山下健太、記者会見は“リモート出席”「ご尽力いただいた皆様に感謝」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第1戦:もてぎ
執筆者 吉田知弘