【SFもてぎ】予選:山下健太が初PP! デビュー4戦目の快挙

スーパーフォーミュラ第4戦もてぎの予選、延期となっていたQ2とQ3が行われ、KONDO RACINGの山下健太が自身初のPPを獲得した。

 スーパーフォーミュラ第4戦もてぎの予選、延期となっていたQ2とQ3が行われ、KONDO RACINGの山下健太が自身初のポールポジションを獲得した。

 豪雨と雷により、予選Q1以降は日曜朝に順延。そのため、当初30分の予定だったフリー走行が10分に短縮され、その後予選Q2、Q3が行われるという忙しいスケジュールに変更された。

 フリー走行では、Q2進出を果たしたマシンがアタックラップを重ねる中、Q1落ちを喫してしまったP.MU / CERUMO・INGING勢、TEAM 無限の山本尚貴らは、新品のミディアムとソフトを1周ずつ走らせ、タイヤの皮むきを行う。皮むきを行うことで、レースで投入する際のタイヤの暖まりを早めることができるほか、”使用済み”の履歴をつけることで、次戦に持ち越す権利を確保することができるのだ。

 結局フリー走行でトップタイムを記録したのは、山下健太(KONDO RACING)。タイムは1分32秒525だった。なおQ2進出勢も、セッション終盤にタイヤの皮むきを行うシーンが見られた。

 続いて行われた予選Q2。真っ先にコースインしていったのは、今季初のQ2進出を果たした小暮卓史(B-Max Racing Team)だ。その後、セッション開始から2分が経過するまでに、全車がコースに出て行く。

 1周しっかりとタイヤを温めるドライバーと、これに2周をじっくりかけるドライバー、そのふた手に戦略が分かれた。

 まずフェリックス・ローゼンクビストが1分32秒521を記録してトップに立つと、その後続々とタイムが更新されていき、結局野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分31秒888のコースレコードでトップタイム。小林可夢偉(KCMG)が2番手に入った。

 逆に意外だったのは、有力ドライバーが軒並みQ2脱落を喫したことだ。ITOCHU ENEX TEAM IMPUL勢2台、VANTELIN TEAM TOM’S勢2台が、満足いくタイムを出せず、Q3に進めず。アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)はアタックラップでミスし、タイムを計測せずピットへ帰還。怒りをぶちまけた。ランキングトップ6のうち、Q3進出したのはローゼンクビストのみと、大波乱の展開である。

 Q3で最初にコースインしたのは、Q2トップの野尻。その後方に中嶋大祐(TCS NAKAJIMA RACING)山下、ピエール・ガスリー(TEAM 無限)、小林が続いてコースに入っていく。ローゼンクビストは他のマシンとの間隔を取り、最後に走り出していった。

 タイヤは全車ソフト。そしてじっくりと1周タイヤを暖め、アタックに入っていく。

 最初にタイムを計測したのは野尻で1分32秒112。これを小林が上回り、スーパーフォーミュラで初のポールポジション獲得かと思われた。しかしそうはさせじと前に立ちはだかったのは、ルーキーの山下健太。金曜日から好調さを継続させてきた山下が、1分32秒030を叩き出し、自身初のポールポジションを獲得した。

 小林可夢偉が2番手。以下野尻、ガスリー、キャシディ、ローゼンクビスト、伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、中嶋という順位となった。

 スーパーフォーミュラ第4戦の決勝レースは、14時10分にスタートする予定だ。

【関連ニュース】

”誕生日”のキャシディがQ1首位。山下「ドライで集大成を!」

小暮卓史、ソフトタイヤで走り込み「十分マネジメントできる」

SFもてぎ予選:悪天候のためQ2&Q3キャンセル。日曜に順延予定

関口雄飛「初日が良くても、その後の合わせ込みがカギ」

ヨコハマ”新”ソフトタイヤ。ミディアムとのタイム差は1秒!?

■スーパーフォーミュラ第4戦もてぎ予選結果
1. 山下健太(KONDO RACING)1'32''030
2. 小林可夢偉(KCMG)1'32''105
3. 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'32''112
4. ピエール・ガスリー(TEAM 無限)1'32''129
5. ニック・キャシディ(KONDO RACING)1'32''171
6. フェリックス・ローゼンクビスト(SUNOCO Team LeMans)1'32''264
7. 伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'32''360
8. 中嶋大祐(TCS NAKAJIMA RACING)1'32''721
9. ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)1'32''656
10. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'32''720
11. 小暮卓史(B-Max Racing Team)1'33''060
12. 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)1'33''086
13. ヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'33''566
14. アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)1'46''235
15. 塚越広大(REAL RACING)1'44''209
16. 山本尚貴(TEAM 無限)1'44''858
17. 石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)1'45''272
18. 国本雄資(P.MU / CERUMO・INGING)1'45''795
19. 大嶋和也(SUNOCO Team LeMans)1'48''649

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第4戦もてぎ
サブイベント 日曜日 予選
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー 山下 健太
記事タイプ 予選レポート