【SFもてぎ】金曜占有走行:中嶋大祐首位。ガスリーがクラッシュ!

スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎの金曜占有走行が行われ、中嶋大祐が首位発進。6台がソフトタイヤを試した。

 スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎの占有走行が行われ、中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)がトップタイムを記録した。

 直前まで降っていた雨の影響で、所々路面が濡れた状態で始まったスーパーフォーミュラ第4戦の金曜占有走行。ウエットタイヤを履く者、新たに投入されたソフトタイヤを履く者、そして前戦から持ち越しとなった中古のミディアムを履く者など、コースイン時のタイヤ選択は様々だった。

 今回初投入となったソフトタイヤは、週末を通じて3セットのみ供給される。そのため、いずれのマシンも予選Q1〜Q3に1セットずつ使うことになると思われたが、KONDO RACINGの山下健太とニック・キャシディ、TEAM 無限の山本尚貴らがセッション開始早々からソフトタイヤを履いてコースイン。その後、VANTELIN TEAM TOM’Sのアンドレ・ロッテラーとSUNOCO Team LeMansの大嶋和也もソフトタイヤを履くシーンが見られた。ただ、各車とも1周の走行にとどまり、大嶋のみソフトタイヤで2周を走った。

 ミディアムタイヤに戻した山下は、セッション序盤に1分34秒856のベストタイムを記録し、ほぼドライコンディションになっていることを伺わせた。しかしその直後、セッション開始から20分が経とうという頃に、ターン10のヘアピンでピエール・ガスリー(TEAM 無限)がオーバーランしクラッシュ。赤旗中断となってしまう。この中断により、セッション終了時刻は10分後ろ倒しされることとなった。

 15分の中断の後、セッション再開。各車今度はミディアムタイヤでコースインしていく。

 まず関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分34秒685でトップタイムを更新すると、山下が1分34秒569でこれを更新する。さらに残り15分というところで、関口が1分34秒560を記録し、再びタイムシートの首位に躍り出る。

 ただ、セッション最終盤には各車が相次いでタイムを更新。関口、ニック・キャシディ(KONDO RACING)らが首位に立つが、結局最終的には中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)が1分34秒199を記録し、このセッションをトップで終えた。ただ、16台のマシンが1分34秒台にひしめいており、土曜日以降大混戦となる予感が漂う結果となった。

 また、序盤に数台のマシンがほんの数周だけソフトタイヤで走ったものの、本格的なソフトタイヤでの走行は見られず、その性能差は明らかにならなかった。

 スーパーフォーミュラ第4戦のフリー走行は、8月18日(土)9時40分から行われる。

■スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎ金曜占有走行
1. 中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)1'34''199
2. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'34''224
3. 伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'34''225
4. ニック・キャシディ(KONDO RACING)1'34''258
5. 石浦宏明(P.MU / CERUMO · INGING)1'34''289
6. 塚越広大(REAL RACING)1'34''440
7. ナレイン・カーティケヤン(NAKAJIMA RACING)1'34''504
8. 山下健太(KONDO RACING)1'34''569
9. 山本尚貴(TEAM 無限)1'34''677
10. 大嶋和也(SUNOCO Team LeMans)1'34''753
11. アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)1'34''782
12. ヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'34''867
13. 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)1'34''895
14. 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'34''965
15. 小林可夢偉(KCMG)1'34''976
16. 国本雄資(P.MU / CERUMO · INGING)1'34''990
17. フェリックス・ローゼンクヴィスト(SUNOCO Team LeMans)1'35''153
18. 小暮卓史(B-Max Racing team)1'35''472
19. ピエール・ガスリー(TEAM 無限)1'41''184

【関連ニュース】

SFもてぎ戦。勝負のカギは“新ソフトタイヤ”か?

ガスリー「ホンダが前進できれば表彰台を獲得できる」

SF次期マシンは「2019年導入を目標に検討中」とJRP社長語る

真夏のもてぎにソフトタイヤ導入。2仕様のタイヤで戦略に幅

ツインリンクもてぎ2&4、宇川徹と室屋義秀の来場が決定!

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第4戦もてぎ
サブイベント 金曜専有走行
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー 中嶋 大祐
記事タイプ フリー走行レポート