【SF】トヨタ/ホンダ2スペック目エンジン投入。勢力図はどうなる?

スーパーフォーミュラ第4戦もてぎラウンドに、トヨタ/ホンダの両陣営が2スペック目のエンジンを投入。その勢力図は変わるか?

 金曜日に開幕した、スーパーフォーミュラ第4戦もてぎ。今回のレースより、トヨタ、ホンダ両陣営とも、2スペック目のエンジンを投入している。

 それぞれどんなエンジンなのだろうか?

 ホンダの佐伯昌浩プロジェクトリーダーは、「今までどおりの正常進化に合わせて、ホンダが弱いように感じていた部分を解消した」と語る。

「低速からのピックアップとか、ターボラグとか、そのあたりを解消できるスペックに仕上げました」

「ここ何年か、鈴鹿では調子良いけど、他ではダメという解析を、我々もしていました。もう少し低速部分を改善しました。ドライバビリティは問題なくとも、あって困るものでもないんで、そこを進化させました」

 佐伯プロジェクトリーダーがそう語るように、TCS NAKAJIMA RACINGの中嶋大祐も、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの伊沢拓也も、「ピットから出る時が一番良いくらい、”下”が力強くなっている」と口を揃える。

 土曜日以降は雨が降るとの予報もあるが、これについても「ドライバビリティが向上しているはずなんで、ウエットでも扱いやすいエンジンになっている」と佐伯プロジェクトリーダーは自信を見せる。

 今季まだ未勝利のホンダだが、どこまでトヨタとの差を縮めてくるのか注目である。

 一方、トヨタの永井洋治プロジェクトリーダーは、2スペック目のエンジンについて「タイミング的に入れたかった”タマ”を入れ切れていない」と語る。

「スーパーGTとスーパーフォーミュラがありますから、(エンジンの)発注と製造のタイミングがとても早いんです」

 そう永井プロジェクトリーダーは説明する。

「でも、まだまだ手順を追って伸びる要素はあるんで、そこを詰めていけば勝てると思っています。あとは、ホンダさんがどのくらい伸ばしているかですね」

「あとは天気ですね。エンジンどうのと言う以上に、不安定な要素があります。あと今季ここまでを見ていると、タイヤをまだまだ使いきれていないですね。従来のミディアムでも、本来のところを使い切れていない。だから、去年以上にその部分の差が出ていると思います」

 ここまで全てのレースを制しているトヨタ勢だが、今年の差は非常に僅差であると、永井プロジェクトリーダーは考えている。

「差がすごく詰まっている中で、ほんのちょっとの差、本当に美味しいところがどこにあるのかというところが、重要になってくると思います。タイヤの使い方が、例年以上に重要になってきていると、私は思います」

 ホンダとトヨタの両陣営が投入した2スペック目のエンジン。そのパフォーマンスはいかほどのものなのか? おそらくその一端が、予選で明らかになることだろう。

【関連ニュース】

SFもてぎ金曜占有走行:中嶋大祐首位。ガスリーがクラッシュ!

ヨコハマ”新”ソフトタイヤ。ミディアムとのタイム差は1秒!?

ガスリー、もてぎSF初日はブレーキトラブル「何もできなかった」

中嶋大祐、専有走行トップタイムも「まだまだ楽観できない」

ツインリンクもてぎ2&4、宇川徹と室屋義秀の来場が決定!

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第4戦もてぎ
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース