【SF】ランキング首位浮上の石浦「力を出し切ってすっきりしている」

第3戦富士で今季初優勝を果たした石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)は今回のレースを振り返り、自身の走りに満足しているようだ。

 第3戦富士の決勝、2番グリッドから決勝に臨んだ石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)は、スタートで出遅れ4番手に後退したものの、前を走る関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がピットインし、前がひらけてからは猛チャージ。トップを走るチームメイトの国本雄資を追った。

 早々にピットインしたライバルたちのペースが伸びなかったこともあり、レースはチームメイト同士の一騎討ちになるかと思われた。

 しかし、国本がサスペンション周りのトラブルで後退(のちにリタイア)。その後は敵なしの状態となった。ファイナルラップにはギヤに不具合が出たもののリザルトには影響がなく豪雨で赤旗中断、ハーフポイントとなった2016年の第2戦岡山以来、丸1年ぶりの優勝を果たした。

「優勝が久しぶりだという感覚はなかったんですが、1年間全然勝てていませんでした。シーズンの早いうちに1回勝たないとシリーズ(のタイトル争い)も厳しいと思っていたので、今回勝ちたいと思っていましたが、予選から流れが国本選手の方にあって、決勝でも自分のスタート失敗から厳しいかなと一瞬思いました」と、石浦は会見で語った。

「チームとしては1-2も見えていたので、国本選手がリタイアしたのはすごく残念ですけど、自分としては展開に恵まれて、プッシュしているのが見ている方に伝わるくらい必死に走った結果が優勝につながりました。チームも速いクルマを用意してくれたし自分の力を出し切れたという意味で、すっきりしています」

 前が開けた時のことについて、石浦は『え、いいんですか? と思った』と冗談を飛ばしながらも、レース中に冷静に状況を把握しライバルたちの動向を推測していたという。

「(前と)すごくペースが違う気がして、自分は0.5秒以上速く走れるとピットに伝えてありました。特に関口選手がつらそうでペースが落ちたので、僕を気にするよりも他のマシンを見て、被害を最小限に留めるために早くピットに入るという判断をするんじゃないかと思うくらいでした」

「その間チームも相手の出方を待っていて、何も無線がありませんでした。自分が早く入った方が良ければ指示があると思って、接触だけはしないようにチャンスを待っていました」

 今回の優勝で、石浦はランキング2位のアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)と2.5ポイント差の首位に浮上した。

 今後の戦いに向けて、石浦は「昨年は不運でノーポイントから始まり、この時期下の方にいて苦しいシーズンでしたが、それでも最終戦でチャンピオン争いをしました。今、先頭にいて良い展開ではあると思うんですけど、調子の良い人たちが固まってきているようなので、全然差はないかなと思っています」と述べた。

「それぞれのチームが得意のサーキット、不得意なサーキットとが見えてきているようなので、そういうのを考えるとさらにリードを築いておきたいです」

【関連ニュース】

富士決勝:大波乱のレースを乗り切った石浦宏明が今季初優勝

国本雄資、念願の初ポールポジション獲得に「安心しています」

石浦、ピンチ乗り越え2番手「チャンスがなくなるところだった」

富士予選:国本雄資、”完全制圧”で自身初ポールポジション獲得

2位の石浦宏明「悔しいけれど、関口選手に完敗」/岡山レース2

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第3戦富士
サーキット 富士スピードウェイ
記事タイプ 速報ニュース