【SF】ローゼンクビストとリン、Team LeMansの空席候補か?

フェリックス・ローゼンクビストとアレックス・リンは、チーム・ル・マンのシートを獲得するために交渉中のようだ。

 2017年のスーパーフォーミュラ。すでにトヨタ陣営もホンダ陣営も、体制発表を行った。しかし、唯一SUNOCO Team LeMansの7号車のみ空席となっていた。

 一時はルノーF1チームのリザーブドライバーに決まったセルゲイ・シロトキンや、フォーミュラE等で活躍するアントニオ・フェリックス・ダ・コスタらの名も挙がった。しかし現時点で有力なのは、フォーミュラEに参戦中のフェリックス・ローゼンクビストと元ウイリアムズの開発ドライバーであるアレックス・リンだという。

「スーパーフォーミュラは、唯一フォーミュラEとの日程と重なっていないし、かなり興味深いカテゴリーだ」とローゼンクビストは語った。

「スーパーフォーミュラにも乗りたいけど、フォーミュラEが僕の優先事項であることは変わらないよ」

「もしフォーミュラEを優先することができなくなるんだったら、GTプログラムも検討すると思う」

 一方のリンは、ローゼンクビストよりも早くからTeam LeMansと交渉を行っていたようだ。リンの最終的な目的はWEC(世界耐久選手権)のシートであると考えられている。

 彼は、先週に行われたフォーミュラEブエノスアイレスePrixで初めてフォーミュラEに訪れた。

 今後リンは、2017/18年フォーミュラEのパワートレイン開発の一環として、DSヴァージンのマシンをテストする予定だ。その後、WECのイベントに参加するホセ・マリア・ロペスの代役としてメキシコePrixのシェイクダウンを担当する。もしロペスが間に合わなければ、リンがレースに出場する可能性もあるようだ。

【関連ニュース】

【スーパーフォーミュラ】Team LeMansの7号車にダ・コスタ加入か?

【SF】ガスリー「F1を目指す僕にスーパーフォーミュラはピッタリ」

【F1】シロトキン、今季はルノーのサード&リザーブドライバー就任

【フォーミュラE】ブエミとロペス、第3戦のシェイクダウン欠席

【WEC】WTCC王者ロペス、トヨタでWEC参戦「開幕が待ちきれない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー アレックス リン , フェリックス ローゼンクヴィスト
記事タイプ 速報ニュース