【SF】ローゼンクビスト「SFは地球で一番速いクルマのひとつ」

チーム・ルマンからスーパーフォーミュラに参戦することが決まったローゼンクビストが、SF参戦を決めた理由と、その印象について語った。

 フェリックス・ローゼンクビストは、2017年のスーパーフォーミュラに参戦、SUNOCO Team LeMansの7号車を走らせることが正式に決まった。

「チーム・ルマンとの日本でのこの冒険に、本当にワクワクしているよ」

 ローゼンクビストはそう語った。

「僕は、ふたつの選手権に出るのが、今年の僕にとってベストなことだと思っていた。そしてふたつめの選手権は、フォーミュラEの活動に影響を及ぼさないことが重要だった」

「スーパーフォーミュラは、理想的な選手権だった。カレンダーのバッティングはないし、地球上で最も速く、そしてとても高品質なクルマのうちのひとつで戦うカテゴリーなんだ。それはまさに、僕が探していたモノだ。テストでマシンに乗るのが待ちきれないよ!」

 ローゼンクビストはすでに日本にも本拠地を構えており、鈴鹿サーキットで来週行われるプレシーズンテストに参加する予定だ。

「チーム・ルマンには、スーパーフォーミュラ及びその前身となるカテゴリーで、40年以上の歴史があります」

 チーム・ルマンの代表である土沼広芳はそう語る。

「その間、何人かの非常に才能のある外国人ドライバーと仕事をしてきました。今年、非常に高く評価されるフェリックス・ローゼンクビストがその歴史に加わるということを、非常に楽しみにしています。彼はすぐに日本のファンの間で好かれることになるでしょう」

「フェリックスのスキルに疑問の余地はありません。彼はトップドライバーとして非常に明るい未来を持っています。そして、我々は彼の才能を最大限に引き出し、そして最高の結果をもたらすために、できる限りのすべてのことをします」

【関連ニュース】

【スーパーフォーミュラ】ローゼンクビスト参戦。全エントリー出揃う

【フォーミュラE】ローゼンクビスト「初優勝が”現実的な目標”だ」

【フォーミュラE】マラケシュePrix予選:新星誕生! ローゼンクビストがポールポジション獲得

【スーパーフォーミュラ】小林可夢偉7位で今季初入賞「入賞は喜ぶところじゃない」

【スーパーフォーミュラ】2016年王者、国本雄資が成長した理由

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー フェリックス ローゼンクヴィスト
チーム Team LeMans
記事タイプ 速報ニュース