【SF】ローゼンクヴィスト、初コース2戦連続表彰台に”満足”

ローゼンクヴィストは前戦富士に続き2戦連続で表彰台を獲得。優勝には届かなかったが、ランキング3位に浮上した。

 ツインリンクもてぎで行われたスーパーフォーミュラ第4戦。3位に入ったフェリックス・ローゼンクヴィスト(SUNOCO TeamLeMans)は2戦連続で表彰台を獲得し、ランキング3位に浮上した。

 6番手からスタートしたローゼンクヴィストは、優勝したピエール・ガスリー(TEAM 無限)同様にミディアムタイヤでスタート。しかし、彼ほど力強いペースを作ることができず、その上オーバーステアに苦しんだという。

「ピエール(・ガスリー)と同じ戦略で、ミディアムタイヤでスタートしたけど、彼はものすごく速かった。僕は少しオーバーステアに苦しんだよ。ピットストップで順位を落としたかもしれないと思ったけど、3位でレースを終えられたのは驚きだった。これでチャンピオンシップのポイントも稼ぐことができたし、着実に進歩できているよ」

「後半スティントに入った時も、タイヤを思い切りロックしてしまってフラットスポットを作った。最後までバイブレーションが酷かったよ」

 ローゼンクヴィストは、同じスーパーフォーミュラの”ルーキー”であるガスリーの優勝も祝福していた。

「今季2回目の表彰台で嬉しいけど、ピエールにはおめでとうと言いたいね。ルーキーで初優勝だから素晴らしいよ」

 これで、トップから9ポイント差の16.5ポイントでランキング3位に浮上したローゼンクヴィスト。チャンピオン争いのことを考えるのはまだ早いと語りつつも、初走行のコースで好結果を残せている点はポジティブに捉えていた。

「この時期でタイトル争いのことは、まだ何も考えていない。だけど、初めて走るコースで2戦連続で表彰台を飾れたことについては良かったと思っている。次のオートポリス、SUGOと面白いコースみたいだから、この流れで上位を狙いたいね」

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

SFもてぎ決勝:ガスリー日本初優勝。小林”ピットミス”で2位

SF初優勝のガスリー「ホンダエンジンもクルマも素晴らしかった」

ローゼンクビスト、富士で初表彰台獲得「2位は予想以上の結果だった」

片岡監督、富士2位のローゼンクビストは『センスの塊』と絶賛

インディカーテスト参加のローゼンクビスト、「完璧」との評価

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第4戦もてぎ
サブイベント 日曜 決勝レース
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー フェリックス ローゼンクヴィスト
チーム Team LeMans
記事タイプ 速報ニュース