【SF】塚越広大”全輪交換作戦”を実施し6位も「上位との差は大きい」

塚越広大はスーパーフォーミュラ開幕戦でロッテラーなどと好バトル。”全輪交換”作戦を実行し6位を獲得したが「上位との差は大きい」と語った。

 鈴鹿サーキットで行われた2017年のスーパーフォーミュラ開幕戦。塚越広大(REAL RACING)は6位で決勝レースをフィニッシュした。

「スタート直後の1コーナーで良い位置が取れなかったので、ポジションを落としてしまいました。でも、前が開けてからは、良いペースで走ることができました」

 塚越はそうレースを振り返る。多くのマシンがレース中に義務付けられたタイヤ交換を1本ないしは2本という少ない数にして走りきる中、塚越は4本すべてのタイヤを交換した数少ないドライバーのうちのひとりである。

「戦略が他とは違いました。自力の速さがあればもう少し前に行けたと思うので、どう速くしていくことができるのかという点に、次戦では挑戦したいと思います」

「僕もエンジニアも、燃費を気にしたり、タイヤマネージメントをしながら走るということはしたくなかったんです。速く走れば抜けるはずだし、それを目指していこうと考えていました。みんなと同じ戦略だったら、もっとタイムも順位も悪かったと思います」

 タイヤをすべて交換した塚越は、良いペースで走った。そして終盤、アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)を追い詰めたが、ついに抜くことはできなかった。

「終盤、イエローフラッグが出たじゃないですか? その時が(ロッテラーと)一番近かったんですが、フラッグの影響で抜けなかったですね」

 塚越は数周にわたって、オーバーテイクボタンも使いながら、ロッテラーを攻めた。しかし絶好のタイミングだった33周目、ヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1コーナーで止まってしまったことで、イエローフラッグ区間=追い越し禁止となってしまい、最大のチャンスを削がれたというのだ。

 このようにロッテラーを追い詰めた塚越。トップグループと遜色ないパフォーマンスを見せた様に感じられるが、トップとの差はまだまだ大きいと語る。

「ポイントは獲れたので、とりあえず良い開幕戦だったと思います。上位との差はまだまだあるけど、これからはほんの少しのことでヒントを拾えるかどうかが勝負だと思います」

「上位との差はまだまだ大きいです。昨日の予選もそうですけど、あそこから上のタイムは、ちょっと世界が違うと思います。だから、上位の3チームとの差は、まだ大きいと思いますね」

【関連ニュース】

【SF】開幕戦決勝:中嶋一貴完勝。WECに続き2週連続優勝

【SF】中嶋一貴”楽ではなかった”完勝劇「ストール寸前だった」

【SF】ガスリー、予想外の10位に終わる。「思うように走れなかった」

【SF】ローゼンクビスト「セッティングが違い、ガスリーを抜けず」

【SF】開幕戦タイヤ交換”1本以上”の義務。チームの戦略はどうなる?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第1戦鈴鹿
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー 塚越 広大
チーム Real Racing
記事タイプ 速報ニュース