SF&鈴鹿初体験、金丸ユウ「自分のミスで力を示すことができなかった」

今季フォーミュラV8 3.5に参戦していた金丸ユウが、先週鈴鹿で行われたスーパーフォーミュラのルーキードライバーテストに参加した。

 鈴鹿サーキットで12月6日と7日に行われたスーパーフォーミュラの合同テスト・ルーキードライバーテスト。今季、フォーミュラV8 3.5を戦った金丸ユウが、その2日目にITOCHU ENEX TEAM IMPULのマシンを走らせた。

 金丸はこの日が、スーパーフォーミュラ初挑戦だった。

「パワステ(パワーステアリング)がついたマシンに乗るのは初めてだったので、それに慣れるのは大変でした」

 そう金丸は語った。

「最初はオーバーステアが出ているのか、それとも僕がハンドルを切っていないのか……どこまで切っていいのか分からなかった。S字を走っていた時に、一度思っていた以上に切ってみたら、オーバーが出てそのまま飛び出しちゃいました」

「そのパワステも含め、慣れなきゃいけない部分が結構ありますね」

 スーパーフォーミュラはコーナリングスピードが速く、初体験のドライバーは体力的に厳しいことが多い。しかしこれについて金丸は、問題なかったと語る。

「速さは感じました。コーナリングスピードも速いですね」

「目を慣らすのには苦労しました。でも首は大丈夫です。首はかなりキツいと聞いていたんですが、結構トレーニングしてきたんで大丈夫です」

 金丸はスーパーフォーミュラのマシンのみならず、意外なことに鈴鹿サーキットを走るのも初めてだった。金丸はカート時代から渡欧し、日本での四輪レース経験がないのだ。

「特にS字はコース幅が狭く、難しいと感じました」

「鈴鹿初めてというドライバーはあんまりいないじゃないですか。(アレックス)パロウは日本で走った経験があるんで、速いですね。もうちょっと鈴鹿で乗っておくべきだったなと思いました。僕は”外国人枠”で来てますから、パッと来て、パッと速く走らなきゃいけないんで」

「シミュレータで練習はしてきました。スーパーフォーミュラは速いと聞いていたんで、F1でやってきたんですけど……実車だと全然違いますね。スピード感があります。それこそ、他のコースと比べてミスできないですからね」

 その言葉通り、金丸にとってのスーパーフォーミュラ&鈴鹿サーキット初体験は厳しいモノとなった。午前中のセッションが半分を経過したところで、金丸はデグナーふたつ目のアウト側のバリヤにクラッシュしてしまったのだ。

「デグナーひとつ目で思ったより(イン側に)マシンが入ってしまい、縁石に当たってしまいました。それでマシンが飛んでフロントウイングを壊してしまい、コントロールを失ってクラッシュしてしまいました」

 このクラッシュにより、マシンはダメージを受けたが、チームはなんとかこれを修復。金丸は午後も走ることができたが、今度はヘアピンでスピン。マシンをグラベルに止めてしまった。

「午後はマシンのフィーリングがおかしく、まともに走ることができませんでした。自分の力を半分も示すことができませんでしたが、全ては自分のミスが引き金になってしまったことなので、とても悔しいです」

 金丸が今季参戦したフォーミュラV8 3.5は、来季開催されないことになっている。そのため金丸は、来季スーパーフォーミュラか、F2に参戦することを目指している。

「お金をどれだけ集めることができるかですね。F2も見ているんですが、来季から新しいマシンが投入されるため、要求される持ち込み資金の額も高いんです。フォーミュラV8 3.5と比べ、3〜4倍くらい違います。そうなると、ちょっと手が出せません」

「F1を目指すなら、F2から行くのが普通だと思います。しかし最近はスーパーフォーミュラを経由してF1に行くというドライバーがいました。その分、世界からもすごくレベルが高いと思われています。だから僕も、スーパーフォーミュラで走りたいと思います」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 合同テスト・ルーキードライバーテスト
サブイベント 2日目・午後
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Yu Kanamaru
記事タイプ 速報ニュース