【SF】開幕戦金曜2番手のマーデンボロー「テストでの経験を活かせた」

スーパーフォーミュラ開幕戦金曜練習走行で、今季SFデビューを果たすヤン・マーデンボローは2番手タイムを記録した。

 スーパーフォーミュラ開幕を前に鈴鹿サーキットで行われた金曜専有走行。テストと変わらずVANTELIN TEAM TOM’S勢が好調で、中嶋一貴がトップタイムを記録したが、それに続く2番手タイムを記録したのはヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)だった。

 昨年、全日本F3選手権でランキング2位を獲得し、今年は星野一義監督率いる名門チーム・インパルに加入することになったマーデンボロー。しかし、3月に行われた最初のテストでは、セッション開始1時間以内に2度のコースオフを喫し赤旗の原因を作ってしまうなど、苦労している様子が見受けられた。

 しかし、そこから少しずつ経験を積み重ね、開幕前日の専有走行で、好調トムス勢の間に割って入る走りを見せた。

 セッションを終えたマーデンボローは「全体的に良い1日だったよ。チームもエンジニアも、通訳をしてくれる星野一樹さんも、みんな良い仕事をしてくれた。(テストと比べると)マシンの乗り心地も良くなっていた」とコメント。

 ここまでのテストでは、同じスーパーフォーミュラ初参戦となるピエール・ガスリー(TEAM無限)の活躍ばかり注目されていたが、その一方でマーデンボローも着実にマシンに慣れ、準備を進めていたという。

「正直、F3と比べると大きなステップアップだったから、最初のテストは苦労したね。でも、富士のテストを経て、マシンのことやセットアップについても学んだし、マシンに慣れることもできた。TOM'S勢はとても速いけど、それに近づくことができたのは良かったと思う」

「今日は気温と路面温度が高かったから、テストと比べるとタイムも良くなかったけど、明日はもっとコンディションが良くなってタイムも上がっていくだろう。そうすると、マシンの動きもまた変わってくるから、様々なデータを比べ合わせながら、良い状態でレースを迎えられるようにしたい」

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

【SF】マーデンボロー「F1を目指すのではなくSFでキャリアを積む」

ヤン・マーデンボローを筆頭としたGTアカデミー卒がドバイ24hに挑戦

【SF】開幕戦鈴鹿練習走行:中嶋一貴が首位スタート。ガスリー13位

【スーパーフォーミュラ】注目ドライバー勢揃い。開幕戦は予測困難?

【SF】ガスリー、バーレーンから直行「時差ボケだけど集中できている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第1戦鈴鹿
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー ヤン マーデンボロー
チーム Impul
記事タイプ 速報ニュース