スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿|決勝タイム結果

スーパーフォーミュラ第6戦JAF鈴鹿GPの決勝レースが行なわれた。優勝はTCS NAKAJIMA RACINGの大湯都史樹だった。

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿|決勝タイム結果
順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 Japan 大湯 都史樹 TCS Nakajima Racing 30 1:02'59.044     20
2 Japan 福住 仁嶺 DoCoMo Team Dandelion Racing 30 1:02'59.506 0.462 0.462 15
3 Japan 関口 雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 30 1:03'09.493 10.449 9.987 11
4 Japan 坪井 翔 JMS P.mu/cerumo-INGING 30 1:03'10.019 10.975 0.526 8
5 Japan 野尻 智紀 Team Mugen 30 1:03'14.136 15.092 4.117 6
6 Japan 山下 健太 Kondo Racing 30 1:03'15.809 16.765 1.673 5
7 Japan 平川 亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 30 1:03'16.435 17.391 0.626 4
8 Japan 牧野 任祐 TCS Nakajima Racing 30 1:03'18.268 19.224 1.833 3
9 Japan 大嶋 和也 ROOKIE Racing 30 1:03'18.365 19.321 0.097 2
10 Japan 石浦 宏明 JMS P.mu/cerumo-INGING 30 1:03'19.807 20.763 1.442 1
 

Read Also:

笹原右京と松下信治がエンジン交換で10グリッド降格。第5戦でのクラッシュ影響

前の記事

笹原右京と松下信治がエンジン交換で10グリッド降格。第5戦でのクラッシュ影響

次の記事

SF第6戦鈴鹿決勝|波乱続きの鈴鹿戦、ルーキー大湯都史樹が初優勝挙げる

SF第6戦鈴鹿決勝|波乱続きの鈴鹿戦、ルーキー大湯都史樹が初優勝挙げる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第6戦:鈴鹿