スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ:土曜フリー走行はホンダ勢が軒並み上位に。選手権リーダー野尻がトップタイム

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎの土曜フリー走行が行なわれ、野尻智紀がトップタイムを記録した。

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ:土曜フリー走行はホンダ勢が軒並み上位に。選手権リーダー野尻がトップタイム

 2021年スーパーフォーミュラ第5戦の土曜フリー走行がツインリンクもてぎで行なわれた。トップタイムを記録したのは野尻智紀(TEAM MUGEN)で、タイムは1分32秒367だった。

 午前中からうだるような暑さに見舞われたツインリンクもてぎ。フリー走行が開始された午前8時40分の時点で気温は30℃オーバー、開始30分が経過すると路面温度も40℃を超えた。

 90分間のセッションでは1度だけ赤旗が掲示された。開始30分が経過しようというタイミングでKONDO RACINGの中山雄一がセカンドアンダーブリッジ下でストップ。フロント部分にダメージのあった中山車だがすぐに回収され、9時15分にセッションが再開された。

 タイムシートの上位はセッション中盤以降は長らく変動が見られなかったが、残り5分前後からは、アタックを行なってタイムを更新するドライバーが見られた。最終的に土曜フリー走行のトップタイムとなったのは、残り5分を切ったタイミングで1分32秒367をマークしたポイントリーダーの野尻。ポイントランキング2番手の大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)も4番手、同3番手の福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)も2番手と、タイトルコンテンダーが順当に上位につけた。

 なお、タイム上位10名の内、carenex TEAM IMPULの2台を除く8台がホンダ/M-TECエンジン勢となった。

【スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ:土曜フリー走行タイム結果】

1. 野尻智紀(TEAM MUGEN)1'32.367
2. 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'32.415
3. 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)1'32.424
4. 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)1'32.701
5. 松下信治(B-Max Racing Team)1'32.752
6. 平川亮(carenex TEAM IMPUL)1'32.772
7. 大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)1'32.808
8. 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)1'32.905
9. 塚越広大(ThreeBond Drago CORSE)1'33.010
10. 牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'33.027
11. 小高一斗(KCMG)1'33.149
12. 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)1'33.160
13. 坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)1'33.161
14. 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)1'33.215
15. ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)1'33.695
16. 山下健太(KONDO RACING)1'33.806
17. 国本雄資(KCMG)1'33.879
18. 大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)1'33.917
19. 中山雄一(KONDO RACING)1'33.951

 

Read Also:

シェア
コメント
【スーパーフォーミュラ】ライバル勢に悲報? 苦手のもてぎ戦に臨むポイントリーダー野尻智紀、今年は“自信アリ”

前の記事

【スーパーフォーミュラ】ライバル勢に悲報? 苦手のもてぎ戦に臨むポイントリーダー野尻智紀、今年は“自信アリ”

次の記事

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ予選速報:野尻智紀が驚速タイムでポールポジション獲得!

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ予選速報:野尻智紀が驚速タイムでポールポジション獲得!
コメントを読み込む