【スーパーフォーミュラ】大嶋和也、1周目に2度追突され不運なリタイア……「戦えそうなクルマだったので楽しみだった」

NTT Communications ROOKIEの大嶋和也は、決勝に向けて手応えを持って臨んだスーパーフォーミュラ第5戦で、2度に渡って他車に追突されてリタイアとなったことを残念がっていた。

【スーパーフォーミュラ】大嶋和也、1周目に2度追突され不運なリタイア……「戦えそうなクルマだったので楽しみだった」

 ツインリンクもてぎで行なわれたスーパーフォーミュラ第5戦では、オープニングラップから3台のマシンが戦列を離れる波乱の展開となった。リタイアとなったのは福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、塚越広大(ThreeBond Drago CORSE)、そして大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)の3名だった。

Read Also:

 福住はV字コーナーへのブレーキングで山下健太(KONDO RACING)に追突され、ハーフスピン。そこに避けきれなかった塚越が接触し、両車ダメージを受けてリタイアとなったという形だ。

 一方、大嶋のマシンも福住のマシンと共にV字コーナーでストップしている姿が中継映像で映し出されていたが、彼に何が起こったのかについては映像で捉えられていなかった。

 motorsport.comはレース後の大嶋に話を聞いた。

「スタートはそこそこ良くて、追い上げていました」

 大嶋はそう切り出した。

「しかし、3コーナーで小高(一斗/KCMG)選手に追突されました。リヤが壊れているか不安でしたが、大丈夫そうだったのでそのまま走っていました」

「するとV字コーナーでクラッシュが起きているのが見えました。ラインを変えないといけないので、減速しながらコーナーに入っていたんですけど、後ろからかなりの勢いで中山(雄一/KONDO RACING)選手が来ていて、追突されてしまいました」

「不運だったなと思います。どちらのドライバーもレース後に謝りに来てくれていましたが、残念ですね」

 オープニングラップで2度も追突されるという不運に見舞われた結果、リタイアを余儀なくされた大嶋。今季はここまで上位争いには絡めておらず、今回のもてぎ戦も予選18番手に沈んでいたが、決勝に関しては一定の手応えがあったようだ。

「やっと決勝のクルマがそこそこ戦えそうだったので楽しみにしていたんですけど、何もできず……という感じでした」と大嶋は言う。

「良いフィーリングのまま次に行けるのは良いですが、本当はフィーリングだけではなく、実際に走って色々確認したかったですけど……仕方ないです。そのフィーリングを信じて、次頑張るしかないですね」

 

Read Also:

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ:日曜フリー走行は関口雄飛がトップタイム。終盤に弱い雨

前の記事

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ:日曜フリー走行は関口雄飛がトップタイム。終盤に弱い雨

次の記事

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ決勝順位速報:野尻智紀がポールトゥウィン! 今季3勝目

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ決勝順位速報:野尻智紀がポールトゥウィン! 今季3勝目
コメントを読み込む