スーパーフォーミュラ第6戦もてぎ決勝:大荒れのレースを大津弘樹が制しSF初優勝。野尻智紀が初王座獲得

2021年スーパーフォーミュラ第6戦もてぎが行なわれ、大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)が優勝した。また5位に入った野尻智紀(TEAM MUGEN)がシリーズチャンピオンに輝いた。

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎ決勝:大荒れのレースを大津弘樹が制しSF初優勝。野尻智紀が初王座獲得

 2021年スーパーフォーミュラ第6戦が10月17日(日)、ツインリンクもてぎにて行なわれた。優勝したのは大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)で、このレースの結果で野尻智紀(TEAM MUGEN)のシリーズチャンピオンも確定した。

Read Also:

 今季のスーパーフォーミュラは残すところあと2戦。この第6戦に向けてはポイントリーダーの野尻がタイトル獲得に王手をかけており、決勝前の時点では大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)、関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)わずかながら逆転の可能性を残していた。

 今週末のもてぎは非常に難解なコンディション下で行なわれた。走行初日(16日)午前のフリー走行はドライコンディションで、同日午後の予選ではドライからQ1途中でわずかにウエットになり、その後はほんの少しずつ乾いていくという複雑なコンディション。ただひとりQ3をドライタイヤで戦うという戦略を成功させた大津が初ポールをゲットした。そして迎えた決勝日朝のフリー走行は大雨。しかし午後の決勝にかけては雨が止み、路面が乾いていった。

 決勝に向けて各車が選択したタイヤはウエット。しかし路面が乾きつつあったことから、コンディションの好転を見越してのセッティング変更をするためか、多くのチームがグリッド上で忙しなく作業を行なっていた。

 35周の決勝レースがスタートすると、大津はトップをキープして1コーナー、2コーナーを抜け、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)と野尻がグリッド順通りに続いた。しかし野尻のペースは優れず、その後8番手までポジションを落としてしまった。

 徐々に路面が乾いていく中、最初にドライタイヤへと交換したのは小林可夢偉(KCMG)。それに続いてKONDO RACINGの2台や宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)もドライタイヤに交換したが、ウエットタイヤを履くマシンを凌駕するほどのペースは刻めずにいた。

 そんな中、ドライタイヤのサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)が5コーナー立ち上がりでスピン。グリーンの上でストップしてしまった。これにより11周目にセーフティカー出動となったが、フェネストラズは程なくして自力でコースに復帰することができた。

 このセーフティカー出動で各チームは一気に動いた。トップの大津を筆頭に続々とピットインしてドライタイヤに交換。一方の山本はステイアウトを選択し、首位となった。

 コース上に太陽の光が差し込み始める中、14周目にレースが再開されたが、15周目にはウエットタイヤ勢とドライタイヤ勢のタイムがほぼ同等に。これで山本はピットインを余儀なくされ後退し、大津が首位に返り咲いた。

 17周目、タチアナ・カルデロン(ThreeBond Drago CORSE)がクラッシュ。またもセーフティカーが出動した。そして21周目にリスタートが切られるも、直後に複数台のマシンが絡む事故が発生。坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)、山本、平川亮(carenex TEAM IMPUL)の3台が3コーナー付近でストップし、3度目のセーフティカー出動となった。

 レースは25周目に大津、阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)、野尻というオーダーでリスタートした。そこからは阪口が大津にプレッシャーをかけていったものの、大津はそれを振り切りトップチェッカー。自身初優勝をポールトゥウィンで飾った。

 2位には阪口、3位には牧野が入った。関口の後ろ5位でフィニッシュした野尻は、これで第7戦(最終戦)鈴鹿を待たずして2021年シーズンのチャンピオンが確定。参戦8年目での悲願達成となった。

 

Read Also:

シェア
コメント
野尻智紀、最終戦を残し2021年スーパーフォーミュラ王座確定! 優勝は大津弘樹|第6戦もてぎ決勝速報
前の記事

野尻智紀、最終戦を残し2021年スーパーフォーミュラ王座確定! 優勝は大津弘樹|第6戦もてぎ決勝速報

次の記事

【スーパーフォーミュラ】野尻智紀、涙の初タイトル。TEAM MUGENの献身で人知れず抱えていた“劣等感”を克服

【スーパーフォーミュラ】野尻智紀、涙の初タイトル。TEAM MUGENの献身で人知れず抱えていた“劣等感”を克服
コメントを読み込む