笹原右京、現在は“ホンダ陣営リザーブドライバー”としてSFに帯同中「現場で色んなことを吸収したい」

2021年スーパーフォーミュラの序盤2戦で、牧野任祐の代役として出場した笹原右京。彼は引き続き、ホンダ陣営のリザーブドライバーとして不測の事態に備えるようだ。

笹原右京、現在は“ホンダ陣営リザーブドライバー”としてSFに帯同中「現場で色んなことを吸収したい」

 2021年スーパーフォーミュラ第4戦SUGOのパドックには、今季開幕2戦に代役出場して速さを見せた笹原右京の姿があった。第3戦オートポリスこそ不在だった笹原だが、今回から現地入りし、“リザーブドライバー”としてレースウィークに帯同するようだ。

 近年の笹原は、図らずも“スーパーサブ”として大いに存在感を発揮している。2020年は渡航制限により参戦が叶わなかったユーリ・ヴィップスの代役として、TEAM MUGENからスーパーフォーミュラデビューを果たし、結果的に開幕戦から全戦出走。結果が残せないレースが続く中でも随所に速さを見せ、最終戦で7位初入賞を果たした。

 笹原は迎えた2021年シーズンでもレギュラーシートを獲得できなかったが、牧野任祐が病気療養のためシーズン序盤戦を欠場せざるを得なくなったことでチャンスが巡ってきた。笹原は牧野の代役として、開幕前テストと開幕2戦(富士、鈴鹿)でDOCOMO TEAM DANDELION RACINGの6号車をドライブ。開幕戦富士で5位に入ると、第2戦鈴鹿では3位初表彰台を獲得するなど活躍し、現時点でランキング4番手につけている。ただ、第3戦以降は牧野の復帰に伴い、スーパーフォーミュラを外から眺める立場となった。

 ダンディライアンのウェアに身を包み、阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)や福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)ら、同世代のドライバーと談笑していた笹原。そんな彼曰く、実はシーズン開始当初から“ホンダ陣営のリザーブドライバー”を任されているとのこと。つまり、今後ホンダ陣営のドライバーに不測の事態が起こった場合は、笹原がドライブすることになる。ダンディライアンでの代役出場も、その役割の一環だったという訳だ。なお、ホンダ側もmotorsport.comの取材に対してこの事実を認めている。

「もどかしいと言えばもどかしいですよね。ついこの間まで走っていましたし、それなりに成績も残せていたので……」

 リザーブとして帯同する心境を問われた笹原はそう語った。

「ただ自分で何とかなる部分ではありません」

 笹原によると、彼が今季のスーパーフォーミュラでレギュラーシートを獲得できないことが決まって以降、ホンダとの間で話が進んでいき、リザーブドライバー就任が決まったという。ただ、現場への帯同は笹原たっての希望だったようだ。

「現場にいないよりは(いた方が良い)と思い、ホンダさんに僕から(帯同したいと)要望を出しました。昨年まではTEAM MUGENに所属していましたが、今季はダンディライアンさんでテスト2回、レース2回走らせてもらって、それぞれの違いも感じました。僕自身は引き続き、そういった違いについて学んでいきたいですし、現場でしか分からないことを吸収したいと思ったので、『帯同したい』と話をしました」

「僕としては他の選手どうこう関係なく、一個人として色々学びたかったんです。そうしたらホンダさんも、ダンデさんも了承してくれて、ここにいるという形です」

 コロナ禍のためこれまで以上にリザーブドライバーの重要性が高い昨今だが、とはいえ笹原が代役としてSF19のステアリングを握る可能性は決して高いとは言えない。笹原本人も「そもそもそこはあまり期待していませんし、期待するのもどうかと思います。いつ電話がかかってきても乗れるような準備をしておくだけです」とキッパリ。しかし彼は最後に、はにかみながらもどこか寂しそうな表情でこう付け加えた。

「ただ、走ってるのを見るとどうしても乗りたくなりますよね」

 

Read Also:

シェア
コメント
野尻智紀、ライバル平川不在で迎えるSUGO戦の鍵は“最終コーナー”?「どんな展開でも勝てるよう仕上げてきた」

前の記事

野尻智紀、ライバル平川不在で迎えるSUGO戦の鍵は“最終コーナー”?「どんな展開でも勝てるよう仕上げてきた」

次の記事

スーパーフォーミュラ第4戦SUGO:ウエットの土曜フリー走行はコースオフ続出。福住仁嶺がトップタイム

スーパーフォーミュラ第4戦SUGO:ウエットの土曜フリー走行はコースオフ続出。福住仁嶺がトップタイム
コメントを読み込む