初優勝のキャシディ「月を飛び越えたような気分!」と喜びを語る

シェア
コメント
初優勝のキャシディ「月を飛び越えたような気分!」と喜びを語る
執筆: 吉田知弘
2018/07/08 12:29

2018スーパーフォーミュラ第4戦富士。初優勝を飾ったニック・キャシディは、レース後に喜びを爆発させた。

 富士スピードウェイで行われたスーパーフォーミュラ第4戦。悲願の初優勝を飾ったニック・キャシディ(KONDO RACING)は、喜びを爆発させた。

 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)と一騎打ちのレースを制し、スーパーフォーミュラでは初優勝を飾ったキャシディ。レース後のパルクフェルメや表彰式で何度もガッツポーズを見せ喜んでいた。

 記者会見で優勝した感想を訊かれたキャシディは、「月を飛び越えるような気分だ」と開口一番語り、レースを振り返った。

「すごくタフなレースだった。スタートはとにかく安全にホイールスピンをしないようにいこうと思っていた。クラッチのシステムも今回は新しくなっていたので、どう使いこなすかというのも課題だったがうまくいった。途中周回遅れのマシンに捕まってしまい、今回もダメかなと思ったけど、結果的に勝つことができてよかった」

 今回は最初から最後まで石浦とは接戦戦のバトルを繰り広げたが、一番の勝負所となったのは中盤のピットストップ。先にピットに入ったキャシディは、その時の状況をこう語った。

「バックマーカーの後ろに長い間いたおかげで、僕のソフトタイヤが限界にきていた。ちょうどラップタイムが1分28秒1くらいになったから、そろそろ換えようと思っていた」

「後ろには早めにソフトタイヤに交換した国本選手もいたので、戦略的にも自分の頭の中で色々考えながら、どこのタイミングで入るのがいいだろうかと考えていた。チームと連絡を取り合っていて、最後にはかなりキツくなって自分からピットに入ると伝えた」

「ミディアムタイヤに交換したら、意外とタイヤの温まりが良かったのと、周りに誰もいないところでピットアウトできたので、自分のペースで走ることができた」

「タイヤ交換後のラップは人生で一番大事なラップだという気持ちで走っていた。すぐに石浦選手も入るかと思ったが、彼のほうがソフトタイヤの持ちが良かったようで、3~4周引っ張った。そこで抜かれてしまうんじゃないかと心配していたが、今回は本当に運に恵まれた」

 これで、今季の獲得ポイントを21に伸ばしたキャシディは、ドライバーズランキング首位の山本尚貴(TEAM MUGEN)に対して1ポイント差に迫った。残りは3レースであり、チャンピオン争いも佳境に差し掛かる頃。しかしキャシディはポイントのことはあまり意識せずに、自分たちのクルマをよくすることに集中したいと語った。

「SUGOを終えてからチャンピオンシップのことは考えずに、とにかくクルマを良くすることだけを考えてきた。前回のSUGOから今週のレースウィークまでの間に、よりクルマの状況を理解することに努めた。その結果が現れたのが一番の誇りだ。これからポイントのことを考えていくとレースでの大事なことが分からなくなってくるので、とにかく今はクルマを良くしていくことに集中していきたい」

次の スーパーフォーミュラ ニュース
石浦宏明「悔しい結果だが速さを見せられた。チャンピオンシップを考えて、残り3戦で勝負をしていきたい」

前の記事

石浦宏明「悔しい結果だが速さを見せられた。チャンピオンシップを考えて、残り3戦で勝負をしていきたい」

次の記事

スーパーフォーミュラ富士決勝:キャシディ初優勝。石浦との激戦制す

スーパーフォーミュラ富士決勝:キャシディ初優勝。石浦との激戦制す

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第4戦富士
サブイベント 日曜日
ドライバー ニック キャシディ
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース