【SF】JRP社長「ガスリー参戦は世間の関心を集める起爆剤になる」

スーパーフォーミュラを運営するJRPの倉下社長は、ガスリーの参戦を歓迎。SFをスポーツとして確立させるための”起爆剤”になると語る。

 今季のスーパーフォーミュラには、ピエール・ガスリーがTEAM 無限から参戦する。昨年のストフェル・バンドーンに続き、2年連続して前年のGP2王者が参戦してくるわけだ。

 これについてスーパーフォーミュラの運営団体である日本レースプロモーション(JRP)の倉下明社長は、「このスポーツが”弾ける”良いサイクルになったと思います」と語る。

「テニスで言えば錦織圭選手だったり、ラグビーであればW杯での日本代表の活躍だったり、高いレベルの世界大会で日本の選手が活躍すると、そのスポーツが高い注目を浴びるようになるという大事なプロセスがあります。しかし、スーパーフォーミュラではそれがなかなか作りづらかった」

 そう倉下社長は語る。

「昨年バンドーン選手が来て活躍してくれて、今年もF1で活躍してくれると思います。それに続いて、ガスリー選手が参戦してくれた。そういう形のサイクルができれば、スーパーフォーミュラに色々な人の関心が向くきっかけになると思います」

 今後のスーパーフォーミュラが目指す方向性に対しても、ガスリーの参戦は「起爆剤になる」と、倉下社長は考えているという。

「我々はスーパーフォーミュラを、スポーツとして確立したいと思っています」

「ドライバーの腕とか、エンジニアの工夫がレースの結果に反映される、そういうモータースポーツにしていきたいと思っています。そういう部分が成熟していくと、スポーツとして面白くなる。我々の使命は、スポーツとしての面白さを、できるだけ広く伝えていくことだと思っています。そのために、今年からBSでも放送が始まります」

「ガスリー選手は、その起爆剤になれるドライバーだと思っています」

 とはいえ倉下社長は、ガスリーを”倒す”ドライバーの出現を期待していると語る。

「トヨタ勢はフレッシュな顔ぶれのドライバーたちが揃いましたし、ホンダ勢もエンジンを大きく改善させてきた。両陣営で激しく凌ぎあってくれれば、スポーツとして誰が勝つのかわからない、ワクワクするようなレースができると思います」

「ガスリー選手の才能は疑う余地もありませんが、日本のサーキットをほとんど知らないと聞いています。他のドライバーたちには、ガスリー選手に対して『そう簡単には勝てないぞ』と思わせるような、そんな走りを見せて欲しいと思っています」

【関連ニュース】

【スーパーフォーミュラ】熱効率を上げた新エンジンHR-417Eとは?

【SF】ガスリー「F1を目指す僕にスーパーフォーミュラはピッタリ」

【スーパーフォーミュラ】ガスリー加入の無限、2台別カラーに

【スーパーフォーミュラ】Wタイトル奪還狙うホンダ、SF参戦体制発表

【スーパーフォーミュラ】Team LeMansの7号車にダ・コスタ加入か?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
記事タイプ 速報ニュース